株式会社コンヴァノは年間40万人のお客様がご来店される、高品質なジェルネイルをリーズナブルに提供するネイルサロン「FASTNAIL(ファストネイル)」やネイル・ハンドケア商品のブランド「Legaly」を展開し、価値あるライフスタイルの創造とネイルサービスの普及に寄与されています。

今回は、店舗との情報共有や営業モチベーションアップにビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を活用していただいている同社 執行役員 島谷様、営業部 平根様、松島様にインタビューさせていただきました。

コンヴァノ様 玄関

導入のきっかけ

■ポイント
部署や店舗間のコミュニケーションをもっと身近にタイムリーにしたい
・店舗でのいい事例の共有をもっと簡単にしたい
・個人の
SNSでの業務連絡にはハードルがあった

 

―WowTalk導入のきっかけについて教えてください。

20代、30代のメンバーは携帯でやり取りすることが少ないので、入社時にメールアドレスを書いてもらうものの実際にメールを送っても届かないことが多くありました。営業担当はLINEを使っているというのが主流になりつつありましたが、なかなか個人のためのSNSで全員と連絡先を交換するというのも難易度が高く、WowTalkを導入しました。

 

―個人の連絡先を交換するハードルは他にもありましたか?

正直、退職してしまった方がグループに残ってしまう状態には気まずさがありました。(業務の内容が含まれるので)仲が悪くなった訳でもないのですが仕方なくブロックせざるを得ませんでした。
また、営業部は店舗に行ったときに直接LINEを交換しようと言えるものの、本社の社員から一店舗スタッフに「LINE教えてよ」というハードルは少し高く感じていました。

 

―今まで店舗のスタッフの方と直接お話しする機会は無かったんですか?

(本社と)店舗の場所が違うので、行けば話せるものの毎日行ける訳ではないので、それを埋めるという意味でも良いかなと思いました。

 

WowTalkを選んだ理由

■ポイント
価格感と使い勝手がWowTalk選定の決め手

 

―選定の時のお話をお聞かせください。

他にも数社とジャンルが違うサービスでは社員間で評価を送り合うようなSNS等で悩んでいましたが、最終的にはお値段感と使い勝手という理由からWowTalkに決まりました。

コンヴァノ様 机にて

■活用方法と導入効果
・営業コンペの速報でモチベーションアップ
・店長研修グループで研修内容を定着化

 

―WowTalkを導入したことで店舗の皆様とのコミュニケーションは変わりましたか?

コミュニケーションが取りやすくなりましたね。営業部では毎月物品販売などのコンペティションを行っていますので当月の進捗や結果を速報として伝えられたり、店舗を回る際に「このスタッフはこういうキャラクターなんだよ。」というような情報をシェアしたり、伝達の速度が速くなりました。

 

―営業コンペの速報は面白いですね。

個人のランキングなどはみんな興味を持って見るので、朝一番で情報が届くのはモチベーションにも繋がっているかなと思います。

 

―その他にはどのような使い方がありますか?

サロンの店長研修について毎日やり取りがあるので日々の連携をWowTalkで取っています。各期ごとに同期がいるので同期ごとのグループや、店舗への配属時期によってグループ作成して事務連絡をしています。

また、代表が直接「こんなことあるよ」というインフォメーションを送ったり、毎朝店舗で話す内容の共有をタイムラインで行ったりとストレートにメッセージが届く環境ができています。

 

―WowTalk導入前後で何か変わったことはありますか?

営業部ではコミュニケーションがかなり重要という話は以前からあったものの、店舗を回るスピードが違うので月初に回る店舗と月末に回る店舗では当月のアクション・方向性についての情報に開きがありました。成功事例などを伝えるツールがなかなかなかったので、スピーディに事例を共有できるという点は良かったですね。

研修では学習内容の定着に進みました。研修で学んだ内容は一回では覚えられないですし、手もとに書き残した内容も理解が進んでいないとあまり意味がありません。LINEなどでは文書ファイルのやり取りが難しいのですが、WowTalkでグループを作ってパワーポイントを共有すると、それを見た受講者が「自分でなんとかやってみよう」という気持ちになるのですごく助かっています。便利になりました。

 

今後の活用方法

■ポイント
・本社
‐店舗の垣根を低くして「フラットな文化」を作りたい
・スタッフのモチベーションのケアに活用したい

 

―WowTalkを将来的にどう活用していきたいですか?

導入したきっかけを作った立場としては、もっと「フラットな文化になると良いな」と。本社と店舗の垣根を低くするつもりでやっているので、気軽に会話してくれるような文化になってくれればと思っています。そういう意味だと褒め合う文化が作れるような機能が欲しいですね。

 

―面白い機能ですね。その他はいかがでしょうか?

スタッフのモチベーションを向上させて、離職率を低くするような使い方はしていきたいです。やり取り、立ち上げた回数などによってアプリ側からポエムとか言葉を投げかけてみても面白いかもしれないですね。

 

―やり取りされたメッセージの言語解析は今流行っている領域ですね。今後、開発を検討させてください!

コンヴァノ様 写真前

株式会社コンヴァノ
http://www.convano.com/
設立:2007年4月
事業内容:ネイルサロンの運営、ネイル・ハンドケア商品の販売・プロデュース
代表取締役社長・CEO:鈴木 明
本社:東京都渋谷区桜丘町22-14

※このページ上の各情報は2017年5月時点のものです

 


 

社内SNS・コミュニケーションアプリ「WowTalk」 資料請求はこちら
wow_seikyu_

 

毎週配信!メルマガ登録はこちら
mailmagagine_banner