お問い合わせ

購入検討

03-5797-7393
お問い合わせフォーム

ユーザーサポート

操作・設定など、ご利用開始後のサポート窓口
www.wowtalk.jp/support/

03-5797-7399
受付時間(土日祝除く)
10:00~12:00
13:00〜17:00

資料

製品資料ダウンロード

閉じる

北海道

  • image2

サツドラホールディングス株式会社

情報発信。緊急時の連絡手段としても大活躍

【導入の背景・課題】
■課題1:同社独自の働き方改革「サツドラジョブスタイル」推進の手段として必要に
■課題2:フィーチャーホンを使った連絡手段に課題を感じていた
■課題3:実店舗の写真共有の方法に課題を感じていた

【サービス選定のポイント】
■ 普段使っている個人向けのチャットアプリと同じ感覚で利用できる
■ SNS感覚で「いいね」を付けられ、誰もが閲覧できる共有機能
■ 法人専用チャットとして用途を限定でき、他ツールと異なる管理ができる点

【導入後の効果について】
■ 北海道地震時の緊急連絡として活躍
■ 広報や社内報など情報共有が促進した
■ 他ツールとの組み合わせた情報発信を実現

2019年6月26日|
  • hokutosystem2nd-6

北都システム株式会社

障がい者雇用から安否確認まで様々なコミュニケーション手段としてWowTalkが活躍

【導入の背景・課題】
■課題1:出張/外出中の社員と円滑にコミュニケーションが取れる環境の整備
■課題2:個人向けチャットツールを使わずに内定者とスムーズに連絡を取る環境の整備
■課題3:聴覚障がいスタッフ雇用時のコミュニケーション方法の検討

【サービス選定のポイント】
■ IP制限や端末制限などセキュリティに関する機能が充実していた
■ 個人向けチャットを利用せず内定者フォローが可能になる
■ 出張の多いメンバーでもスピーディにコミュニケーションできる

【導入後の効果について】
■ 拠点間や出張中のスタッフとスピーディなやりとりを実現
■ 聴覚障がいスタッフの標準コミュニケーション方法として成立
■ 2018年9月の北海道胆振東部地震発生時の安否確認に活躍

2019年6月18日|
  • okadakogyo-top-3

株式会社岡田工業

口数の少ない“職人気質”なスタッフたちがコミュニケーション促進によって業務効率が向上!

【導入の背景・課題】
■課題1:コミュニケーション手段は口頭・電話のみ。情報共有の効率化に課題
■課題2:口数の少ない職人気質のスタッフが中心のため業務連絡で齟齬が発生することも
■課題3:工程管理等は紙が中心。現場に合わせて柔軟に連絡を取るのが難しかった

【サービス選定のポイント】
■ ITツールの文化が無かった組織でもスムーズに利用できるシンプルな機能
■ 写真などのファイル共有が外出先の現場から簡単に行える操作性
■ (グループトークにて)個人単位で表示される既読・未読表示

【導入後の効果について】
■ 連絡や情報共有時の確認漏れや行き違いが減り、正確なコミュニケーションを実現
■ 口数の少ないスタッフ、年齢差のあるスタッフ間のコミュニケーションの距離が縮まった
■ 北海道胆振東部地震の安否確認ツールとして活躍

2019年4月23日|
  • johnsonhomes

株式会社ジョンソンホームズ

株式会社ジョンソンホームズは、ヤマチユナイテッドグループに属している、住宅関連事業の中核会社となり、新築、リフ ... 続きを見る

2017年7月18日|