お問い合わせ

購入検討

03-5797-7393
お問い合わせフォーム

ユーザーサポート

操作・設定など、ご利用開始後のサポート窓口
www.wowtalk.jp/support/

03-5797-7399
受付時間(土日祝除く)
10:00~12:00
13:00〜17:00

資料

製品資料ダウンロード

閉じる

関東

  • image4

株式会社エフ・トレード

お客様先へ常駐するエンジニア同士のコミュニケーション活性化!
企業の基幹システムから、業務に直接関わるサービスにいたるまで、多くの企業にテクノロジーが浸透している昨今、エンジニアの人材不足が叫ばれています。そのため、数年前とは状況が異なり、これからのエンジニアには、特定の開発スキルに限らず、総合的な能力が求められています。

そして、そうした時代になることを早くから予測し、様々な環境へ柔軟に対応できるエンジニア人材の育成と、上場企業を中心とした企業へのエンジニア派遣を行っている会社があります。その企業こそが、1999年に神奈川県相模原市で設立し、現在は港北区新横浜に本社を構えるシステム開発事業社の株式会社エフ・トレード(以下、「エフ・トレード」)です。

「人×ニーズに合わせて進化する」を提供価値とし、“職人”的なエンジニアを脱し、目まぐるしく変化するIT環境に柔軟に対応する“エンジニアのマルチタレント化”を推進しています。

そうした企業文化の目指す働き方を推進し、エンジニア同士の知見の共有や積極的な交流を行うべく、ビジネスチャットの導入を検討しました。

今回のWowTalk(ワウトーク)導入事例インタビューでは、エフ・トレード 管理部 課長 若山 知子 様、管理部 安部 雄大 様にビジネスチャット導入の背景と、現在の活用方法に関して伺いました。

2019年9月12日|
  • landex-wt1200px-1

株式会社ランデックス

残業削減と業務効率化に取り組む手段の1つとしてビジネスチャットを活用!
千葉県・船橋市に拠点を構え、敷地調査や役所調査、公共測量など、年間2,000棟以上の調査・測量実績を誇る株式会社ランデックス(以下、「ランデックス」)。2011年の会社設立以来、ランデックスでは、各地の建築関係の測量・調査を毎年数多くこなし、測量業務の知識・経験が豊富なスタッフが丁寧に対応することで、工務店やハウスメーカーから厚い信頼を得ています。

同社は、「質の高い測量」を行うため、現場で働く測量士をはじめ、従業員が快適に集中して働ける環境づくりに着目し、スマートフォンの導入をキッカケに、クラウドツールの活用やペーパーレス化を試み、さらなるムダな工数削減と業務効率化向上を目指していました。

その中で、最初に改善を図ったのが「本社と現場で発生するコミュニケーションギャップを埋める」ことで、その際に導入したのがコミュニケーションツール(ビジネスチャット)でした。

今回のインタビューでは、ランデックスがビジネスチャットを導入した背景やその運用方法、そして、そこから見えてきた課題と現在の活用方法に関して、代表取締役/測量士 藤本大士 様に話を伺いました。

2019年7月17日|
  • image2

株式会社ココト

本社と業務提携先をつなぐ!社員の情報共有・コミュニケーションに活用

 
「the Company Commits To …(…にコミットする会社)」という企業ミッションを掲げ、「あなたのビジネスの成長にコミットする会社」「あなたの幸せにコミットする会社」という理念を大切にし、企業のシステム開発やアプリケーション開発、ニアショア環境での開発業務を行い、企業のITを支えている株式会社ココト(以下、「ココト」)。

業務提携先の企業と連携してシステム開発を行うセキュアかつ厳格な環境でありながら、「自由な風土」「フランクなコミュニケーション」といった独自の文化作りにも積極的に取り組んでいます。

そのココトがビジネスチャットの必要性を感じたキッカケは何だったのか……。それは、業務提携先のオフィスの距離が離れてしまったことがきっかけで、離れた場所で働くメンバーとも、ココトの文化をそのままにコミュニケーションを図りたいという想いからだったようです。

そこで、今回のインタビュー記事では、ココトがビジネスチャットの導入検討段階でどのような課題に直面していたのか、その課題に対してどう向き合い、どう対応したのか、という点を中心にココト 管理部 部長 H.N 様、コアグリット事業部 A.H 様、N.K 様にお話を伺いました。

2019年6月27日|
  • tokyo-rf-1

東京レストランツファクトリー株式会社

国内外で働く800名の従業員が「ビジネスチャット」で円滑なコミュニケーションを実現!
「日本のファンをつくる」というミッションのもと、「高級焼鳥×世界のワイン」という焼鳥の新しいシーンを創出した『鳥幸』や、「日本酒の温度飲み」という日本酒の新たな価値を生み出した『ぬる燗佐藤』といった高級和食を中心に、ミシュランからB級グルメまで幅広い業態を出店エリアのマーケットに合わせてブランドを展開しています。

国内62店舗、海外5店舗を構える東京レストランツファクトリー株式会社(以下、「東京レストランツファクトリー」)。正社員とアルバイト・パートを含む総勢約800名の従業員を抱え、国内外に複数ブランドの飲食店運営を行っています。

現在、東京レストランツファクトリーには、100名を超えるアジアや欧米の外国籍のスタッフが働いております。そのため、日々、情報共有や連携強化という面で成長が求められ、「本店と店舗スタッフとのコミュニケーション、ブランドの異なる店舗同士の情報共有を如何に円滑に進めるのか」という点に注力しています。

その際、東京レストランツファクトリーが最初に検討した施策が個人向けチャットツールやSNSの導入。しかしながら、近年ニュースでも話題にもなっている、「従業員のSNS利用によるトラブル」や「セキュリティ上のリスク」などを考慮し、個人向けのサービスではなく、法人向けのサービスに絞って再度検討するにいたりました。

今回の東京レストランツファクトリー様へのインタビューでは、上記についてはもちろん、ビジネスチャット検討の背景をはじめ、なぜ当社が提供するビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」の導入にいたったのか、そして、飲食店ならではの活用方法について同社の業務推進部 部長 石川竜志様に話を伺いました。

2019年6月20日|
  • a-people-wt-1

株式会社エイアンドピープル

1人あたり100件~150件/日のメール対応から開放!シンプルかつスピーディな情報連携を実現

 

昨今、現在のビジネスシーンにおいて、英語や中国語をはじめとした“外国語”を活用してコミュニケーションを図ることは珍しくありません。むしろ、今後はあらゆるシーンで必要とされる時代が目前まで迫ってきているといっても過言ではありません。既に、普段の業務において外国語が必要となった経験のある方もいるのではないでしょうか。

その際、ぜひ皆さんに注目していただきたいのが「プレイン・イングリッシュ」表現方法です。シンプルにいうと「プレイン・イングリッシュ」とは ”誰にでもわかりやすい必要最小限の単語を使ったクリアでストレートな英語表現” を指します。

その概念をベースとし、 経験豊富で専門性に優れた日本・北米を中心に実務経験3年以上の約700名の翻訳家、ライター、通訳者と業務締結して、「翻訳」「通訳」「IR制作」「セミナー」「Webやドキュメントのローカライズ」などを手掛けているのが株式会社エイアンドピープル(以下、「エイアンドピープル」)です。

2019年2月28日|
  • wt-kajima-1_re_1200x576

鹿島建設株式会社

◆高層ビルや大規模インフラ建設現場のコミュニケーションにビジネスチャットを活用
新宿の高層ビル群や東京湾アクアライン、世界最長の吊橋である明石海峡大橋など、多くの人が目にしたことがあるであろう建造物やインフラの建設を手がけた会社、鹿島建設株式会社(以下、「鹿島」)。

鹿島は、江戸後期である1840年(天保11年)に創業した180年の歴史を持つ大手総合建設会社であり、7,686名(2018年3月末現在)の従業員を抱え、全国各地のビルの建設から橋やトンネル、ダムといった交通・生活インフラ、発電所のようなエネルギー施設まで私たちの生活に密接な建造物を手がけています。

そして、それを支えているのが現場の社員や協力会社の方々です。建設現場は、規模の大きいところでは数百〜数千人単位でのチームワークで成り立っており、その上で最重要なのが円滑なコミュニケーションになります。

今回の導入事例では、弊社が提供するビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入いただいた鹿島 東京建築支店の建築工事管理部 情報システムグループ グループ長 高橋健一 様、同部の生産推進サポートグループ 為廣愛美 様に、ビジネスチャットの導入背景と建設会社ならではの活用方法について話を伺いました。

2019年2月14日|
  • bold-wt-resize-1_compressed

株式会社ボールド

 
◆異なる場所で働く「常駐先のエンジニア」とのコミュニケーションに活用

 
近年、AIやIoT、クラウドサービスなど次々と新しいテクノロジーが生まれる中、国内の多くの企業は深刻な“IT人材不足”という問題に直面しています。

経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査」によれば、2020年にはIT人材が約30万人不足するとされています。

そこで注目されているのが、エンジニアをクライアント企業に常駐させ、支援するという「ITアウトソーシングサービス」です。

今回は、そのITアウトソーシングサービスを提供している企業、ボールド様の事例をご紹介します。

2018年11月15日|
  • journeycompany_jireimain01

株式会社ジャーニーカンパニー

ビジネスチャットが店舗と本部の距離、従業員間の心の距離をフォローアップする!
山と海に囲まれ、神社仏閣などの文化遺産を有し、古い文化と革新が共存する街、神奈川県鎌倉。この鎌倉で、”日常の中で香り豊かなチョコレートを楽しんでほしい”という思いから誕生したのが生チョコレート専門店「ca ca o」。そのほか、人々に新たなカカオ、チョコレートの魅力を届けることをコンセプトにしたショップ「チョコレートバンク」「CACAO365」を展開するのが株式会社ジャーニーカンパニー(以下、「ジャーニーカンパニー」)です。

現在、ジャーニーカンパニーは、東京都と神奈川県に4店舗運営しており、今後はさらなる店舗の拡大や海外進出も視野に入れています。

そこで注力しているのが、ともに働く社員、アルバイトメンバーとのコミュニケーションです。

ジャーニーカンパニーでは、実店舗を運営するビジネスであることから、本社と店舗、正社員とアルバイトスタッフのように複数の拠点や役割でのコミュニケーションを円滑にするべく、以前からチャットツールを活用しています。

今回は、弊社のビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入した経緯やジャーニーカンパニーならではの活用方法について、人事・労務担当の陽川裕子 様に話を伺いました。

2018年10月23日|
  • fukushin_jirei02

株式会社福しん

企業成長のカギは”結束力”!「あなたの街の食卓」福しんを法人チャットがサポート

 
1964年11月創業の株式会社福しん(以下、「福しん」)は、東京都豊島区に第1号店を出店してから今年で54年目を迎えたラーメン定食チェーン店です。

2018年8月7日|
  • rakus_180627main

株式会社ラクス(現ラクスパートナーズ)

お客様先に常駐する100名超のエンジニアとのつながりをビジネスチャットが強く・太くする

 
「IT技術で中小企業を強くします!~すぐ便利、ずっと満足~」という企業理念の下、延べ45,000以上の企業に様々なソリューションを提供している株式会社ラクス(以下、ラクス)。

2018年7月24日|