メールでのコミュニケーションはもう古い?
ビジネスチャットを利用が会社にもらたす3つのメリット

メリット1.

メールの見落としによるトラブルを削減

昨今、ビジネスにおいて最も利用される連絡手段はメールです。連絡相手との情報を文字によって明確に伝えることで、トラブツを防ぐためのエビデンスとして非常に重宝されています。 その一方で、あなたのメールボックスは本当にあなたの必要な情報だけですか?

・営業メール
・不要なメールマガジン
・迷惑メール

必要のない情報があなたのメールボックスに溢れているなんてことはありませんか?特に関連性のないCCメールで大事な情報が隠れてしまうなんてことはありませんか? チャットは信頼できる相手との情報伝達を目的にしています。ビジネスチャットはあなたを取り巻く情報伝達環境をシンプルなものへと導きます。

メリット2.

既読機能で安心の情報伝達

お客様からの急な連絡、担当者は外出中・・きっと打ち合わせ中だから電話には出れないだろうからメールで要件だけでも伝えておこう。 ・・・でも、このメールをすぐに確認してもらえるか、分からない。そんな状況に遭遇したことが、誰もが1度はあるかと思います。

急な用事で相手に情報を伝えたい。 相手が確認しているか分からないと次の行動に移れない。

ビジネスチャットはチャットの送信後のステータスが確認できます。既読のステータスをみて、相手が確認しているかどうかが判断できます。 「相手が既にみているか?」たったそれだけで、あなたは多くのトラブルを回避できます。

メリット3.

社内のコミュニケーションの活性化

ニュースを見ていて「あ、この情報営業トークで使えるかも」と思うタイミングはありませんか? 「この課題って、前に同じような事例あったかも・・」 そんな場面に出会ったことはありませんか?ちょっとした情報や小さな疑問をメールで共有しようと思うと少し躊躇してしまう機会があると思います。

ビジネスチャットは、情報伝達のハードルを下げて社内のコミュニケーションを活性化させます。要件を端的に気楽に伝えることができる。たったそれだけの違いで大きなビジネスチャンスに巡り合えるかもしれません。

「ヒト・モノ・カネ」に続く第4の経営資源は「情報」です。情報が円滑に回る職場環境を作ることで、あなたの仕事は格段に効率のよいものとなるでしょう。

ビジネスチャットがあなたの
職場をより効率的で豊かなものに進化させます

ビジネスチャットの課題解決シーンは他にも色々!
利用シーンから更に解説いたします!

営業担当の悩み

今すぐ確認、承認が欲しい

社長の悩み

社長の声を社員全員に届けたい

支店長の悩み

本社や支店間の情報共有に時間がかかる

新入社員の悩み

誰に聞けば良いか分からない

経理担当の悩み

経理確認の為、すぐに連絡をとりたい

あなたの職場は大丈夫?
職場に潜むシャドーITの恐怖

年代を問わずスマートフォンユーザの80%以上の人がプライベートでチャットを利用しています。 チャットの利便性の良さは多くの人が感じていると思います。

でもそのチャット・・ビジネスシーンで
利用すると情報漏洩の危険につながるかもしれません。

続きを見る>>