パワハラ問題×ビジネスチャット 産業医との対談資料【無料】配布中!

2020年6月、大企業に向けて労働施策総合推進法(通称:パワハラ 防止法)の施行が始まりました。
テレワークが普及する中、見えにくくなっているパワハラ問題について、どのように対応すれば良いのでしょうか?
企業・従業員はどんなことに留意すれば良いのか? 産業医とビジネスチャットベンダーによる対談を資料にしました。

〜目次〜

  • チャットは人間関係という下地があってこそ活きる
  • 「期待値とのずれ」で変わるパワハラの基準
  • つい送ってしまう業務時間外のメッセージに注意
  • テレワークはジョブ型雇用に向いた働き方
  • 「WowTalk」のコミュニケーション機能
  • ツールの更新はコミュニケーションのカタチが変わるチャンス
  • チャットでパワハラといわれないための四か条