お問い合わせ

購入検討

03-5797-7393
お問い合わせフォーム

ユーザーサポート

操作・設定など、ご利用開始後のサポート窓口
www.wowtalk.jp/support/

03-5797-7399
受付時間(土日祝除く)
10:00~12:00
13:00〜17:00

資料

製品資料ダウンロード

閉じる

usuki

About usuki

This author has not yet filled in any details.
So far has created 28 blog entries.
  • imacrea-wt-nishimura-1_compressed

「テレワーク制度の導入」を成功させるには?イマクリエ×ワウテック共催セミナー|報告(11月28日)

◆【大盛況】テレワーク制度の導入推進を目的にしたセミナーをイマクリエ社と開催
2018年11月28日(水)にワウテックは、株式会社イマクリエ(以下、「イマクリエ」)と、当社のエヴァンジェリストであり複業研究家/働き方改革コンサルタントの西村創一朗氏と「テレワーク制度の導入推進」をテーマにセミナーを開催しました。

「働き方改革」の推進により、場所や時間を選ばない柔軟な働き方として「テレワーク」が注目を集めています。従業員のライフスタイルに合わせて多様な働き方を実現できるテレワークは、生産性向上にもつながると言われています。

しかし、自社で制度の導入を検討するものの、「どういった制度にすべきか」「ビジネスツールは何を選ぶべきか」「テレワークによる弊害はないか」など様々な課題を感じている方もいらっしゃるはずです。そういった課題を解決するためのノウハウを提供すべく、今回イマクリエとともに共催セミナーを開催するにいたりました。

当レポートでは、セミナーでお伝えした内容をダイジェストでお送りいたします!

 

2018年12月7日|
  • shimane-wt-top

ビジネスチャットにおいて“最も重要”な機能とは?快適に利用していただくために心がけていること

◆ワウテック 技術開発部blog「開発者Voice」Vol.2

 
ワウテックが提供するビジネスチャット「WowTalk(ワウトーク)」は、2014年3月にサービスローンチをしてから、2016年に1,000社、2017年に2,000社、そして、2018年7月末時点で利用企業数が3,000社を突破しました。

そのサービスを”縁の下の力持ち”として支えているのが、ワウテックの技術開発部に所属するエンジニアのメンバーです。

当連載では、ワウテック技術開発blog「開発者Voice」と題し、開発メンバーの素顔はもちろん、どういった想いで開発に励み、機能開発にどのような想いが込められているのかをお伝えします。

開発者Voice第2弾は、技術開発部の島根英一です。ワウテックの開発メンバーとして参画したキッカケ、WowTalkの“とある機能”へ込める想いについて語っていますので、ぜひご一読ください!

2018年12月4日|
  • neos-wt-1

WowTalkが業務向けチャットボット「SMART Message BOT」と機能連携

◆業務向けチャットボット「SMART Message BOT」と機能連携
ワウテックが提供するビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」が、ネオス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 池田昌史 以下、「ネオス」)の提供する業務向けチャットボット「SMART Message BOT(スマートメッセージボット)」と機能連携したことをお知らせいたします。

今回の連携により、「WowTalk」にて業務向けチャットボット「SMART Message BOT」をご利用いただけるようになりました。

2018年11月29日|
  • dayreport-top-1

毎日の報告業務をシンプルに!WowTalkの日報機能の使い方と活用方法

◆メリットがあるのはわかっても「面倒」な日報提出

 
1日の業務の終わりに「日報」の提出がルール化されている企業も少なくないはずです。

業務の振り返りをしやすかったり、仲間の日報から業務改善の着想が得られたりと、メリットが多いことはわかっていながらも、「毎日やるのは面倒」と感じていませんか?

そういった手間を省ければ、日報提出もストレス無く行えるのではないでしょうか。

今回は、ビジネスチャット「WowTalk(ワウトーク)」の「日報機能」を使って、日報提出を簡単に実現する方法を解説します。

また、「提出」だけではなく「確認作業」をより効率的に、そして次のアクションに役立てるための便利な活用方法についてもお伝えいたします

2018年11月28日|
  • stamp-article4

「平成30年7月豪雨」災害の復興支援|クリエイター制作スタンプ第4弾追加!

◆【復興支援】クリエイター制作スタンプ第4弾を追加!
2018年7月5日に発生した「平成30年7月豪雨」災害により、被害に見舞われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

ワウテックでは、クラウドソーシング “ランサーズ” を活用して「平成30年7月豪雨」災害の被災地域在住のクリエイターの方を対象に、ビジネスチャット「WowTalk(ワウトーク)」内で使用するチャットスタンプのデザイン制作を発注する復興支援プロジェクトを実施しました。

 

2018年11月26日|
  • thinking-1

マネージャーは “無駄な会議” によって「思考の深さ」を失う【西村創一朗氏 連載企画 Vol.2】

こんにちは。株式会社HARES 代表の西村創一朗です。私は複業研究家/人材コンサルタントなど、様々な角度から「働き方」に関する情報を発信しています。

本連載では、「働き方」や「コミュニケーション」をテーマにお話していく予定です。

前回は、「定例会議」を軸に「ビジネスのスピードを落とす原因」についてお話しました。2回目となる今回は、「思考の深さを失う原因」についてお伝えしていきます。

▼西村創一朗氏 連載企画 Vol.1はこちら▼
「定例会議」がビジネスを遅らせる?その原因とは……?!

2018年11月21日|
  • telework-1

テレワーク(リモートワーク)制度をより快適に実現するための便利ツールまとめ

業務に利用する電子デバイスのモバイル化や高速インターネット回線の普及、ビジネスツールのクラウド化が進んだことにより、私たちは従来よりも柔軟な働き方ができるようになりました。

こうした時代背景の中で注目されているワークスタイルがあります。それがテレワーク(リモートワーク)です。

テレワーク(リモートワーク)とは、一般社団法人テレワーク協会によると「情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」を指しているようです。

2018年11月20日|
  • bold-wt-resize-1_compressed

導入事例:株式会社ボールド

 
◆異なる場所で働く「常駐先のエンジニア」とのコミュニケーションに活用

 
近年、AIやIoT、クラウドサービスなど次々と新しいテクノロジーが生まれる中、国内の多くの企業は深刻な“IT人材不足”という問題に直面しています。

経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査」によれば、2020年にはIT人材が約30万人不足するとされています。

そこで注目されているのが、エンジニアをクライアント企業に常駐させ、支援するという「ITアウトソーシングサービス」です。

今回は、そのITアウトソーシングサービスを提供している企業、ボールド様の事例をご紹介します。

2018年11月15日|
  • neos-wt_compressed

セブン銀行が登壇決定!Bot・チャットを活用した「働き方改革」共催セミナーをネオス社と開催

◆チャットとBotを活用した働き方改革実現セミナー開催!

 
利用社数3,000社超を誇る法人向けビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を提供するワウテックは、2018年12月13日(木)に、Chat Botプラットフォーム「SMART Message BOT」を提供するネオス株式会社(以下、「ネオス」)の2社で共催セミナーを開催いたします。

今回のセミナーでは、「ビジネスチャット」「Chat Bot」を活用し働き方改革を実現するためのポイントについてお伝えいたします。

2018年11月13日|
  • stamp-article3 (1)

「平成30年7月豪雨」災害の復興支援|クリエイター制作スタンプ第3弾追加!

◆【復興支援】クリエイター制作スタンプ第3弾を追加!

 
2018年7月5日に発生した「平成30年7月豪雨」災害により、被害に見舞われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

ワウテックでは、クラウドソーシング “ランサーズ” を活用して「平成30年7月豪雨」災害の被災地域在住のクリエイターの方を対象に、ビジネスチャット「WowTalk(ワウトーク)」内で使用するチャットスタンプのデザイン制作を発注する復興支援プロジェクトを実施しました。

2018年11月13日|