お問い合わせ

購入検討

03-5797-7393
お問い合わせフォーム

ユーザーサポート

操作・設定など、ご利用開始後のサポート窓口
www.wowtalk.jp/support/

03-5797-7399
受付時間 10:00~17:00 (土日祝除く)

資料

製品資料ダウンロード

閉じる

事例紹介

  • icatch

導入事例:MXモバイリング 様

MXモバイリング株式会社は、携帯電話の販売代理店(ショップ運営)、法人向けのソリューション提供を主軸に、先進的なコミュニケーションスタイルの提案を行っています。
日本全国に427店舗(*1)を展開し、社員数は4,121名(*2)を誇る同社では、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」を、内定者とのコミュニケションツールとして利用していただいています。
採用担当と内定者のコミュニケーションを、一方通行なものからインタラクティブなやり取りに進化させた同社の採用教育チーム、梅田様、田中様、佐藤様にお話しを伺いました。
*1 2016年9月30日現在
*2 2016年4月1日現在

左から、事業支援本部 採用・教育チーム長:梅田様、同 採用・教育チーム 採用教育グループ:佐藤様、同 採用・教育チーム 主任:田中様

メールやフリーチャットツールの問題点をすべて解決したWowTalk

→WowTalkを内定者向けに利用する、というのは、実は珍しい利用方法なのですが、どんな風に利用されているのか、またWowTalkを使うことで採用教育チームの皆さまのお仕事にどんな変化があったかを教えていただけますか?

毎年数百名を採用するMXモバイリングでは内定者といかにコミュニケーションを取るか、ということが非常に重要になります。WowTalkを導入する以前は、メールやフリーのチャットツールを利用して内定者とのコミュニケーションを図っていたのですが…

▶メールは返信が来るまで読まれたかどうか分からない
▶フリーのチャットツールは、未読や既読は分かるがプライベートとの切り分けが難しい

といった問題点があり、沢山の内定者とのやり取りが煩雑になっていたんです。
WowTalkは、既読数はもちろん、誰が既読なのかを知ることができるところがとても便利ですね。重要な連絡事項を送った際に、なかなか既読にならない内定者がすぐにわかるので、採用担当の負担が大きく軽減されました。
また、内定式で全員にIDを配布し、その場でダウンロードから登録までを行うので、「これから働く会社で使うツール」という意識で、節度のある利用を促すことができます。

今年からは、内定式でIDを配布する際、その場で隣同士写真を撮り合い、個々のID画像に登録してもらうことも始めました。個々に画像登録をしてもらうと、会社に来るときとは全く雰囲気が違う画像を登録されてしまい、採用担当者がすぐに認識できないことがあったんです。でも、内定式の場で撮影してもらうことで、顔の見えるコミュニケーションが可能になりました。

コスト72%カット!シンプルにコミュニケーションに特化

→WowTalkはいわゆる内定者向けツールのような沢山の機能は搭載していないのですが、WowTalkに乗り換えることで不都合はありませんでしたか?

機能を絞ったことで困るということは特になかったですね。むしろシンプルなので、誰でもすぐに使えますから、内定者にも案内がしやすくて。

そして、実はWowTalkを導入したことで、コストが7割カットできたんです。
それまで他の内定者向けツールを利用していたのですが、使わない機能がたくさんありました。機能が豊富な分料金も高額だったので、思い切ってシンプルなWowTalkを使ってみてよかったと思っています。

内定者同士のコミュニケーションも活性化も

→導入後、内定者の方々には、WowTalkを利用することで変わった点はありますか?

WowTalkは、採用教育担当と内定者とのやり取りだけでなく、内定者同士のやりとりにも活用できています。
WowTalkの導入前は、個々に連絡先を交換しないと、お互いに連絡がとれず、内定者同士のコミュニケーションにハードルがあったのですが、WowTalk導入後は、一人一人と連絡先を交換せずとも、各自が登録後すぐにコミュニケーションが取れるようになったので、それによるコミュニケーションの質の変化は大きいですね。

弊社は採用人数が多いので、エリア毎や、内定のタイミングで数ヶ月毎に内定式を行っています。WowTalkを導入したことで、先に内定式を済ませたチームと、あとから内定式を行ったチームの間でも、「●月入社の●●です。よろしくお願いします。」といった挨拶から交流が生まれるので、メンバーがスムーズに溶け込むことができるようになりました。
そのため、現在は内定者を、「内定式のタイミング」と「エリア」の二つに紐づけて登録しているので、例えば、あとから内定した方でも同じエリアのメンバーを探して、挨拶を送ったりといった使い方ができるようにしています。
共有ボードでも、「関西内定者メンバー飲み会します」といった呼びかけがされたり、今の内定者たちはこういったツールの利用になれているので、コミュニケーションは活発に行われていますね。

まとめ

今回の事例では、一方通行であった内定者とのコミュニケーションが、WowTalkの導入によって双方向なものに変化し、内定者同士のコミュニケーションも生み出す、というWowTalkによるコミュニケーションの活性化をご紹介させていただきました。
全国に展開し、社員数も4,000名を超えるMXモバイリング株式会社様。毎年数百名の内定者を取りまとめる採用教育担当の皆様が少しでもスムーズにお仕事出来るよう、引き続き「WowTalk」をご活用いただき、円滑なコミュニケーションを軸に採用活動にお役立ていただければ、と思います。

MXモバイリング株式会社
https://www.mxmobiling.co.jp/
設立:1972年12月15日
事業内容:
携帯電話の販売代理店(ショップ運営)
携帯電話関連商品等の販売
法人向け携帯端末・ソリューションの提供
固定回線サービス事業、その他取次事業
本社所在地:東京都江東区豊洲三丁目2番24号
豊洲フォレシア 15階、16階

 


 

社内SNS・コミュニケーションアプリ「WowTalk」 資料請求はこちら
wow_seikyu_

 

毎週配信!メルマガ登録はこちら
mailmagagine_banner

  • main_visual0818a

導入事例:ダイトーグループ 様

社内コミュニケーションを軸に 会社の未来を創造していきたい

ダイトーグループ本社は1967年に創立された前身の大藤産業株式会社から商社部門を引き継ぎ2002年に設立された会社です。「健康を通じて幸せの輪を広げよう」という経営方針を合言葉に、健康関連商品の企画・開発を中心に展開し、グループ販売会社へ商品を供給、またお客様への販売まで一貫して行なっております。

今回はビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入いただいた経緯、活用方法、今後の展開についてダイトーグループ本社・取締役統括部長 井渕様にインタビューさせていただきました。

導入前の課題

普段利用しているチャットアプリのようで
ビジネス利用ができるものを探していた

・リアルタイムで連絡を取り合うことが難しい
・無料チャットアプリによる公私混同は避けたい

当社は販売方法が特殊で、店舗をかまえず仮設店舗を短期間設置し、地域に密着した形でお客様に向けた説明会を行う「展示販売」という方法をとっています。健康関連の特殊な商材であるため、従業員がお客様へ直接説明をしたり、体験してもらう事が一番商品の良さを伝えられるので設立時からこの方法で販売しています。
ですので、お客様への丁寧な接客を行うためにも、社員教育ならびに各営業所間でのコミュニケーションを重要視しています。

しかし、携帯電話を導入する前は連絡手段が代表電話のみだったため、時間帯によってはお客様への接客中などの理由で営業所全体で連絡が取れず、留守電やFAXを利用していましたがスピーディな連絡が取りづらいことが課題でした。

その後、携帯電話の導入により、1対1での連絡は以前よりスムーズに行えるようになったものの、全体の情報共有とまではいかなかったため、無料チャットアプリ「LINE」のようにアプリ上で連絡を取り合え、且つ、公私混同せずプライベートと業務が分けられるツールを探していました。

 

WowTalkを選んだ理由

普段利用しているアプリと使い勝手が似ている

・社内全員にIDを配布できるほどの低コスト
・円滑なコミュニケーションを可能にする充実した機能と使い勝手の良さ

個人向けのアプリだと社員への導入が強制ができないという点もあり、会社として導入できるビジネスチャットサービスを調べ、他社の事例などを見比べました。

「WowTalk」は、社員の間でも馴染みの深いLINEとほぼ同じ機能を備えており、操作感も導入も簡単という部分が大きな決め手になりました。また、社員同士のコミュニケーションを図る上では、全社員に導入できることが前提としてあったので安価な料金設定も魅力でした。

 

活用方法と導入効果

・連絡がとりやすく、未読既読が確認できる
・リアルタイムで連絡を取り合うことができる

3年半ほど前にAndroid端末を導入し、現在はiPhoneを全社員に配布しています。使われないことが一番もったいないので、社用携帯にありがちな機能制限などは一切せず、ゲームの利用なども許可しています。

「WowTalk」の運用ルールも、堅苦しいあいさつ文の省略や、スタンプ利用の推奨、敬語なしのコミュニケーションをとる、といったものを設定し利用促進につなげました。

グループトークならばひとりひとりが返答せずとも、未読既読機能があるのでメンバーの誰が確認したかどうかも一目でわかります。特に、忙しい社長への連絡においてメールでは確認してくれているかレスがあるまで落ち着けないのですが、「WowTalk」導入により以前よりも確実な連絡が可能となりました。

また、商品案内といって、特別商品や限定商品などの案内告知を、写真付きで全社トークグループに投稿し一斉共有しています。商品の数に限りがあり、発注をするのも早い者勝ちなので、情報の発信・共有・発注までの流れがリアルタイムでできるチャットならではの活用方法が出来ています。

 

今後の展望

当社は、来年の4月でちょうど50周年を迎えます。今までの50年間を振り返りつつ、これから5年後の売り上げを倍にしようという目標を掲げています。それを実現するため、社員採用にも注力し成長していきたいです。

新しい人材確保ももちろんですが、現在の労働環境について現場の声に耳を向けつつ、コミュニケーションを軸に課題をひとつひとつ解決していき、将来のある会社にしていきたいと思っています。
—-インタビューにご協力いただきありがとうございました。
今後、さらに拠点を増やし事業拡大を目指していくとのこと。
引き続き「WowTalk」をご活用いただき、円滑なコミュニケーションを通して質の高いサービス提供にお役立ていただけますと幸いです。


株式会社ダイトーグループ本社

http://www.daito.net/
設立:1967年4月
事業内容:健康機器、健康食品、日用食品、
日用雑貨等総合卸売 および新商品企画・開発
本社所在地:大阪府吹田市豊津町59番5号

 

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」 資料請求はこちら

document_dl-04

  • main_visual0819

導入事例 : ムービングマスタージャパン株式会社

写真を多用しチャットで共有!業務効率がアップしました

ムービングマスタージャパン(以下、MMJ)は、個人・法人向け引越し業のほか、不用品回収や弁護士、大家の依頼をもとに荷物の運び出しを行う強制執行の補助業務も行っています。一般的な引越し業者は繁忙期の割増料金が発生するケースも多いですが、MMJは割増料金無しで「丁寧、スピーディ、柔軟に」引越しをサポートしています。

今回は、情報漏えいのリスクが無くリアルタイムな連絡を取り合えるツールとしてビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入いただいた総務部 マネージャー 堀田様にインタビューさせていただきました。

IMG_0890

 

導入前の課題

・場所やタイミングに捉われない連絡手段が必要

・無料チャットアプリは情報漏えいの危険があるので使用したくなかった

当社は、親会社である大手保証会社の明け渡し専門であるフロント部門が独立して、2007年にムービグマスタージャパン株式会社として設立されました。通常の引越し業務のほかに、強制執行の補助業務の資格も保有しているので、弁護士先生や大家さんからの依頼を受け、部屋の明け渡し等も行っています。

依頼いただいた各所にスタッフが出向き対応するので、業務効率をあげるためにも現場間の連携がとても大事になります。前日にはスケジュールを共有しているものの、何かが起きた時の補助が必要になることも多々あります。

しかし、今まで連絡手段として会社携帯の貸与はしていましたが、どうしても1対1の連絡になってしまい、配車管理者が連絡してもタイミングによっては繋がらないこともありました。また、管理者が各々に電話をかける手間と時間もかかっていました。

その行き違い等をカバーするべく、無料チャットアプリ「LINE」を使用していましたが、現場の位置情報など個人情報を含むやりとりもあるため、情報漏えい等のリスクを回避できるセキュリティが万全なツールを求めていました。

 

WowTalkを選んだ理由

・画像や現在地を安心して共有できる高いセキュリティ

・グループチャットでチームの連携も円滑に

課題でもあったセキュリティ面においては、ワウトークならトークのログも取れますし、携帯紛失時やメンバーの入れ替えに伴う端末変更の際にも、管理画面からすぐに対処することができます。

また、管理者が定めたメンバーのみ利用できるので第三者が勝手に招待されてしまう危険性もありません。

グループトークのメンバーもメンバーリストから自由に選ぶことができる使い勝手の良さとコストパフォーマンスもワウトークを選ぶ決め手の一つになりました。

 

活用方法と導入効果

・作業完了時に写真を撮ってダブルチェック

・チャットトークでスピーディな対応、空き時間の有効活用が可能に

_MG_0861

 

主な活用方法は、業務効率とサービス向上のための情報共有です。毎日、事務所のホワイトボードに「行き先」「開始時間」「車両」「メンバー」を記載しているので、写真に撮ってワウトークのタイムラインに投稿しています。翌日の配車確認で漏れなくチェックできるようになりました。

あとは、作業の完了確認です。

家電や家具の外注依頼を受けたとき、作業終了後に写真を撮って、配置やゴミが落ちていないかなどの内容を内勤の担当者が確認できるようにしています。今までは電話での報告に留まっていたので、手間なく写真を送ることができるのは、効率面とサービスの質を良くする意味でも有効だと感じています。

メンバー全員や、各事業部ごとにグループを作成しチャットトークを使っていますが、以前に増して臨機応変にスピーディな対応ができるようになりましたし、作業効率が上がることで空き時間も確保できるようになりました。

 

今後の展望

現状、本社から委託された関東近郊の案件を主に担っていますが、今後は関東だけでなく西日本にまで領域を広げていきたいと思っています。

また、人材育成や採用面にも力を入れており、中型・大型トラック免許の取得やフォークリフトの技能講習など引越しに必要な資格や技術を獲得するためのサポートを行っています。今年7月には木更津に新しい倉庫を構えましたので、これから、より引越し業務により注力してきたいです。

 

———–取材にお応えいただき、ありがとうございました。今後もWowTalkを宜しくお願いいたします。

 

 

ムービングマスタージャパン株式会社
http://411547.com/
設立:2007年2月
事業内容:
◆不動産に係る遺留物の撤去・運搬・保管・処分業務
◆不動産明渡し(引渡し)に係る執行補助業務
◆引越しサービス事業
代表:梅田   真理子
本社:横浜市戸塚区品濃町566-8 イーストサイドテラス1F

 

 

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」 資料請求はこちら

document_dl-04

  • procarenail

導入事例 : 株式会社ミリオンオークス(プロケアネイル Nail&Eyelash )

ネイルの作業は集中力勝負!
手を止めることなく、タイムリーな情報共有が可能に

『Professionalな技術を提供し、心も指先もCareするNail Salon』それが株式会社ミリオンオークスが展開するネイル&アイラッシュブランド「プロケアネイル」の名前の由来です。お客様へネイルだけではなく心のケアもできるよう、コミュニケーションとスキンシップをもって心のこもったサービスを提供しています。

2014年、ネイルサロンに通う女性は女性全体の2割程度という調査結果もあり、気軽に通えて値段も時間もかからない新コンセプトブランド「シンプリーNail&Eyelash 」を立ち上げました。

今回は、スタッフ間のタイムリーな情報共有にビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入いただいた経緯と、活用法、今後の展開について株式会社ミリオンオークス 播磨陽子様にインタビューさせていただきました。

SONY DSC

 

導入前の課題

 「チャットアプリは便利ではあるけど・・・」

・新しい情報を常にキャッチできるようにしたい
・プライベートの連絡と混同させたくない

ネイル業界はファッション業界と同じでデザインの流行がとても激しく変わるので、スタッフ皆で常にキャッチアップする必要があります。

しかし、スタッフ間の連絡には基本電話しか使用しておらず、作業中には電話は取ることが出来ないので細かな情報は店舗に行ってから初めてキャッチする状況でした。

無料チャットアプリLINEが普及してからは、そういった課題が解消できるので自然発生的にグループを作ってやりとりしていましたが、スタッフからプライベートと業務を切り分けたいという声が結構あがってきたんです。
管理の立場からも誤送信のリスクも感じていましたし、業務用ツールを探すしかないな、と。

 

WowTalkを選んだ理由

「移行もスムーズでした」

・業務連絡はワウトーク、にすることで誤送信を防止
・LINEからの移行も違和感の無い操作性

ワウトークは「業務用チャット」と検索する中でたどり着いたのですが、トライアルを利用して問題も無かったので、そのまま導入しました。現在5店舗のスタッフで50IDを利用しています。

主にスタッフの私用スマートフォンにアプリを入れてもらい使っていますが、問題点としてあがっていた「プライベートとの切り分け」がしっかりできる上、これまで使用していたLINEと同じような操作性なので問題なくワウトークに移行することができました。スタッフ全員に配布できる価格帯も選んだ決め手のひとつです。

 

活用方法と導入効果

「お客様へのサービス向上にも繋がっています」

・写真を共有し流行のデザインをいつでもキャッチアップ
・些細な連絡も気軽に発信、毎日全体で朝礼が行えるイメージ
・ワウトーク内で事前に議題を共有!店長会議をより有意義な時間に

ワウトークは、手が空いたときにすぐ内容をチェックできるのが良いですね。

基本的に、店舗の電話はお客様からの予約やお問い合わせ連絡に優先させたいので、スタッフ間のやりとりはワウトークでするようにしています。

使い方は、写真をトークで共有し合うことが多いです。
たとえば、メディア掲載向けに作るアートのデザインや色確認なども、写真を送付するだけですぐに伝えることができるので、デザインが被らないようになど細かい指示を出すことも出来ます。

トークはリアルタイムに連絡が取り合える点は良いですが、情報が流れて行ってしまうので、決まった事項はタイムライン(共有機能)に掲載するよう、用途により使い分けています。

また、クレームなど重要な報告が合った際の対応や進捗確認にも使っています。セキュリティ面でも誤送信の心配がないので、このようなセンシティブな案件でも安心してすぐ報告出来ます。

ほかにも、店舗ごとのアイディアを共有しています。オシボリを出したいとか、お茶を出すタイミングなど。些細なことも連絡し合えるので朝礼がワウトーク内でできるイメージです。タイムリーに情報をキャッチし共有することでお客様へのサービス向上にも繋がっています。

各店舗の店長が集まる会議も月1ペースで開催していますが、毎日やりとりするワウトークから議題を吸い上げて会議に挑めるので、以前よりも有意義な会議内容になりました。

 

今後の展望

「スタッフが集中して向き合える環境を作り出せています」

・スタッフが集中してお客様と向き合える環境づくり
・あらゆるお客様に気軽にネイルを楽しんでもらえる提案をしたい

もともと、私自身CA(客室乗務員)を職業としていたのですが、「サービス向上のため、CAの経験を活かしてスタッフにマナーを教えてもらえないか」と代表を務める姉から話があり、右も左もわからないネイルというビジネスに足を踏み入れました。

ネイルは、お客様とスタッフが1対1で、長めの時間を過ごすお仕事です。より親密に向き合い、コミュニケーション能力が必要で、指先だけではなく心もケアするサービス業だと認識しています。

ネイリストの仕事は、集中力と思った以上に体力のいる仕事です。
シンプリー/プロケアネイル共に、スタッフの体の負担も考慮し、業務時間内に先輩スタッフによる実技研修を行い、スタッフ全体で技術向上できるよう取り組んでいますが、技術面だけではなく今回、ワウトークを導入したことにより、お客様との接客作業中にもスタッフが集中して向き合える環境を作り出せていると感じています。

ここ数年は、インターネットの発達で、よりお客様に気軽に来ていただけるような提案がしやすくなっていると思います。しかしながら、まだネイルサロンに通われているのが女性の2割という衝撃的な調査報告もあるので、敷居が高くて入れないと思われているお客様にも来ていただけるネイルサロンを目指していきます。

SONY DSC

株式会社ミリオンオークス(プロケアネイル)
http://www.procarenail.co.jp/
事業内容:
・ネイルサロン、アイラッシュサロンの運営
・米国ネイルブランド ヤングネイルズ社の日本総代理店
・ヤングネイルズ社の製品開発
代表:播磨明子
所在地:東京都渋谷区神宮前6-23-11
パークサイドハイツ401

 

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」 資料請求はこちら

document_dl-04

  • main_visual0725

導入事例:日本会議室(KCC株式会社)

サービス水準を高く保つための情報共有ツール

日本会議室(KCC株式会社)は、貸し会議室の運営およびコンサルティングを行う会社です。現在、本社のある名古屋を中心に東海地区に97拠点、東京に5拠点、全国102拠点・376室を展開しています。会議室の管理において、現場とオペレーターをつなぐ情報共有ツールとしてビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入いただいた経緯と、活用法について遠藤様にお話を伺いました。
 
kcc1

 

導入前の課題

 「遠隔でもスピード感あるやりとりをしたい」

・プライベートなコミュニケーションツールと切り分けて業務連絡を取り合いたい
・リアルタイムに情報共有したい

 
現在、従業員24名に加え、各会議室の運営をサポートする現場のアルバイトスタッフとオペレータースタッフを抱えています。社員が必ずしも現場に行けるわけではないので、遠隔で指示を出したり、情報共有する必要がありました。
 
最初、無料チャットアプリ「LINE」を使い、スタッフ間のグループを作成していましたが、途中で勝手に退会してしまうメンバーがいたり、送る時間も自由過ぎて企業で管理できるツールの必要性を感じていました。また、アルバイトからも、プライベートで利用しているサービスを仕事に使いたくない、といった意見もありました。

 

WowTalkを選んだ理由

「導入ハードルの低いツール」

・見た目や機能もシンプルで使いやすい
・初期費用0円で導入できるコストの安さ

 
まず、このようなツールは使われなければ導入した意味がなく、業務用と言うとそれだけで難しいイメージをもたれてしまうものですが、「WowTalk」は、今まで使っていた無料チャットアプリと同じように学生アルバイトの方にも違和感なく使ってもらえる点は大きかったです。
また、導入時の初期費用がかからないので、コスト面でもそこまで高いハードルを感じずに「まずは使ってみよう」と導入できました。
 
kcc2

 

活用方法と導入効果

「WowTalkで写真を共有、みんなで目視してミスを無くすように」

・場所を選ばずに「ホウレンソウ」が可能に
・グループトークを利用し引き継ぎ業務の負担を軽減
・報告全部に写真を添付、ミスを防ぎサービス向上へ

 
「WowTalk」の主な利用目的は、現場スタッフとオペレーター、店舗間の情報共有です。
翌日使う会議室の鍵開けや机のレイアウトなど、全部写真付きでトークルームに投稿しています。皆で目視しダブルチェックすることで、小さなミスを無くしサービス向上にも繋がっています。
 
また、便利なのが「出社連絡」。今までは電話やメールだったので移動中は簡単に連絡できず、どうしても報告やフォロー対応が遅くなってしまいがちでした。「WowTalk」ならスマートフォンで場所を選ばずリアルタイムに連絡を取り合えるので、遅刻した際の鍵の開け忘れにも他のスタッフがトーク内容を確認し駆けつけフォローするなど、早めに対応できるようになりました。

各ビルや会議室によって営業時間や管理ルールが異なりますが、そういった細かなマニュアルの引継ぎにも「WowTalk」を活用しています。タイムライン(共有)に投稿して周知しているほか、【重要】というグループ名のトークルームにオペレーションを集約し、引き継がれたスタッフは必ず目を通すようにしています。

店舗が離れていたり、オペレーターによる無人経営を行っていますが「WowTalk」の活用により以前に増して全体の動きを把握できるようになりました。

 
 
—-インタビューにご協力いただきありがとうございました。
今後、さらに拠点を増やし事業拡大を目指していくとのこと。
引き続き「WowTalk」をご活用いただき、円滑なコミュニケーションを通して質の高いサービス提供にお役立ていただけますと幸いです。

 
kcc3 kcc4

 
 

KCC株式会社

http://www.k-c-c.co.jp/
設立:平成22年10月
事業内容:貸会場、貸会議室、貸室の運営及び経営指導
不動産、店舗設備、什器備品の賃貸並びに販売、斡旋
本社所在地:愛知県名古屋市西区名駅二丁目27番8号
名古屋プライムセントラルタワー13階

 

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」 資料請求はこちら

document_dl-04

  • chuuou

導入事例:有限会社中央企画様

リアルタイムチャットでタイムリーな提案が可能に

鳥取の求人やタウン情報を掲載した折り込みチラシのデザイン・制作をメインに行う有限会社中央企画。
ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入いただいた経緯と、活用法について武部様にお話を伺いました。

導入前の課題

・スピーディで密なコミュニケーションが必要だった
・無料チャットアプリによる情報漏えいのリスク回避

中央企画は、折り込みチラシとWEBメディアを制作、運営しています。現在、広告営業が6名いますが、外出していることが多く、皆それぞれに無料チャットアプリや電話を使って仕事の進行状況を連絡しており、情報のタイムラグと手間が発生していました。
また、連絡を蜜に取りたい反面、無料チャットアプリでは情報漏洩の不安がありました。

 

活用方法と導入効果

・業務のやりとりを「WowTalk」に集約!情報共有もスピーディに
・常に変動する掲載枠数の状況をリアルタイムに共有、タイムリーな提案が可能に

今まで散見されていた情報を「WowTalk」で一本化することにより、たとえば広告枠の残数など各営業担当が把握している情報をリアルタイムに共有できて、お客様にタイムリーな提案をできるようになりました。
あとで販売した枠が重複していたことがわかって、お客様に謝りの連絡をすることもなくなりました。「WowTalk」は既読未読の確認もできますし、文字で残るチャット形式なので記録に残ることも業務使用する上で重要なポイントです。


有限会社 中央企画

http://www.i-select.jp/
設立:平成3年6月
事業内容:各種デザイン・印刷業
代表取締役:佐藤 浩尉
本社所在地:鳥取県鳥取市徳吉268-1

 

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」 資料請求はこちら

document_dl-04

  • main_visual0715

導入事例:株式会社インデス様

業務効率化アップ!会社の屋台骨を強化し筋肉質な体制へ

清掃(ビル、ハウスクリーニング)業務を中心にした総合建物メンテナンス企業、株式会社インデス。建物メンテナンスを通じて、地域社会から必要とする会社を目指し、お客様に快適空間を創造するサービスを提供しています。

今回、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」を導入いただいた経緯と活用方法、導入効果について代表取締役社長 中込様、営業推進部 部長 山崎様、山根様にインタビューさせていただきました。

 

左から山崎様、山根様

左から山崎様、山根様

 

導入前の課題

 「情報の持ち出しを未然に防ぐため、企業管理する必要性を感じていました」

・緊急連絡の際にも一人ひとりに確認を入れる手間が発生していた
・個人情報や画像を取り扱うケースも多く無料チャットアプリではセキュリティ面で不安だった

インデスは、清掃業務を中心に賃貸管理、マンション管理の二つの事業をメインに展開している会社です。いわゆる「入居待ち」状況の部屋を無くすため、清掃作業や修繕対応をいかに効率をあげスピーディに行えるかが会社全体の課題です。そのため、現場営業のコミュニケーションが重要だと捉えていましたが問題点も多くありました。

たとえば、問題発生時の連絡フロー。
現場担当者が、その後誰に相談して良いのか、誰が対応できるのかなど思案しながら、社員一人ひとりに連絡するしか方法がありませんでした。この手間と時間を軽減するため、一部でプライベートでも利用率の高い無料チャットアプリを使用し連絡を取っていました。

全社共有事項は携帯メール、写真のやりとりやレスポンスの速さが要求される際には無料チャットアプリ、と使い分けていましたが、「退職者による業務情報の持ち出し」「個人端末の利用によるセキュリティ面の懸念」「社用パソコンに個人アカウントの紐付けは問題があるのではないか」など懸念点が多くあったため、企業で管理できるチャットアプリを探しました。

 

WowTalkを選んだ理由

「社用パソコンにも安心してインストールできるセキュリティが導入の決め手に」

・退職者による情報の持ち出しも企業で徹底管理できる強固なセキュリティ
・スマホだけではなくパソコンでも共有可能な多様性
・誰でも使える簡単でシンプルな操作性

indes3

現在、全社員と関連会社のメンバー含め30名が利用しています。基本的に、社内で業務する際は社用パソコンで。外出する際には個人のスマートフォンにインストールして使っています。

どちらにしても「WowTalk」は、今まで利用していた無料チャットアプリと似た操作性で非常に使い勝手良く、ストレス無く利用できています。導入時に社員全体に導入の意味をアナウンスしたこともスムーズに移行できたポイントかと思います。

導入後すぐに「WowTalk」のアンケート機能で使用継続のアンケートを社員に向けて取りましたが、皆「継続希望」という結果になりました。プライベートと切り分けられる点も使う側としては良かったのかと思います。

懸念点であった退職者の対応も「WowTalk」は管理画面から端末制限の設定など変更することができるのでクリアできていますし、ランニングコストが安いので導入側としても申し分ないですね。

 

活用方法と導入効果

「数字で表現しにくいけど(笑)業務効率は格段にアップしています」

・現場の写真を一斉共有することで対応スピードがアップ
・情報共有ツールを「WowTalk」で一本化することで企業の屋台骨強化へ

indes2

導入前は、社内の連絡に携帯メールやチャットアプリが使われており、情報の優先度が煩雑になっていましたが、今は「WowTalk」が基準の情報共有ツールという認識で会社に定着しています。

1対大勢の構図で一斉に情報共有することができるので、たとえば現場に用途不明のコンセントプラグが設置されており、どう扱うべきか迷った時も、営業担当がそのプラグの写真を撮ってグループトークで共有したんですね。

そうしたところ、判別できる他の社員から回答や意見が飛んできて、スピーディに解決することができました。
このようなケースから見ても、業務効率が格段にアップしていることは確かです。数値で効果測定し難いのがもったいないぐらい(笑)

また、関連会社の社員にもアカウントを配布しているので現場の施工対象箇所の記録や工事手配の相談、見積もりなどもリアルタイムで共有できるようになりました。

 

今後の展望

「もっとWowTalkを使いこなし、筋肉質な会社にしていきたい」

indes5我々がやっている商売は、モノを売るのではなく、人の商売です。1に効率、2に効率。1円1円の積み重ねが会社の利益や成長に繋がると思っています。

今回「WowTalk」を導入したことにより、関連企業やグループ会社とも密なコミュニケーションが取れ、会社の屋台骨が強くなり、かなりの効率化が図れていると感じます。

先日アップデートして実装されたパーテーション機能も活用し、タイムラインでも売り上げ管理など重要な業務連絡を共有するなど、今後、さらに使いこなして筋肉質な会社にしたいです。


株式会社インデス

http://www.indess.jp/
設立:平成11年2月
事業内容:アパート、マンションの総合メンテナンス事業
代表取締役:中込 太郎
所在地:東京都町田市原町田5-3-10 第2飯田ビル3F

 

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」 資料請求はこちら

document_dl-04

  • terumi

導入事例:株式会社テルミ

リアルタイムな情報共有でトラブル対応スピードを大幅短縮

「管理会社だからこそ出来ることがある」

株式会社テルミは、埼玉県を中心に資産運用コンサルティングをはじめ、不動産の仲介・建設・運営・管理までを一貫して行う総合不動産ソリューション企業です。お客様の生活と財産を守るため、24時間いつでも駆けつけられる体制を整え「財産管理会社」として事業を行っています。

日本一信頼できる地域密着型の管理会社を目指し、常に新しいことに挑戦し続けています。そのひとつとして、システムやインフラのIT化も積極的に推進し企業全体で業務効率化に取り組んでいます。

今回は、営業部の高田様、総務部 主任の塩田様にビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」を導入いただいた経緯と活用方法、導入効果についてインタビューさせていただきました。

 
 
SONY DSC
 

導入前の課題

 「運転中や作業中の連絡に電話やメールでは不便に感じていました。」

・トラブル対応時の時間や手間を軽減したい
・現場に出ている社員との連絡もリアルタイムに取り合いたい

 
今まで、社員間のコミュニケーションや情報共有には社用ガラケーからの電話やSMSが主流で、スケジュール管理やお客様管理、日報の共有には共有のネットワークで利用できるストック型グループウェアを導入し利用していました。

しかし、トラブルクレームを担当している管理部と現場に行って対応する営業間で連絡が入れ違いになってしまうケースがあり、効率が悪いと感じていました。スケジュールが共有されているとはいえ、移動中で電話に取れないこともありますし、現場で対応中のことも多く、ガラケーのSMSではリアルタイムな情報共有ができていませんでした。

 

WowTalkを選んだ理由

「営業担当からのレスポンスが早く、サポート面でも安心できた。」

SONY DSC・個人情報を含むやりとりにも安心なセキュリティ体制
・「既読」確認で一斉通知の際にも状況を把握しやすい
・他社と比較しても優れた操作性で使いやすかった

 
年明けにスマートフォンを導入したのを機に、もっと円滑にコミュニケーションを取り合えるツールは無いかと探しました。LINEは、プライベートでも使っていますし便利なのは周知の通りでしたがセキュリティ面での脆弱性が懸念されました。やはり、不動産事業はお客様の個人情報を扱うことも多く、安全面が確保されていることは最重要項目でした。

「WowTalk」は、IPアドレス制限や管理側でログ履歴を確認できる点など、業務利用でも安心して利用できるところを評価し、まずは試用してみました。

実際に使ってみると、グループトークで複数人に一斉通知したときにも「既読」したメンバーを随時確認できるので、各社員の状況を発言者は一目で把握できる点も便利ですし、「WowTalk」の営業担当の方がすぐサポートしてくれたのも採用した大きな理由のひとつです。

不動産事業は、いまだに紙やハンコを用いた契約が主流でオンラインやIT化が一番遅れている業界とも言われています。しかし、弊社の場合、業務効率が上がるものや新しいチャレンジを積極的に取り入れてみようという姿勢なので、昨年より、ネットワーク上で物件の空室確認ができるシステムを導入したり、物件見学時の鍵の受け渡しがスマートになるキーレスサービスも導入検討中です。

社長が左手にAppleWatch、右手に腕時計をしているぐらい新しいもの好きなので(笑)今回の「WowTalk」に関してもスマートフォン導入の1ヵ月後には採用し展開することができました。

 

活用方法と導入効果

「業務効率は劇的にアップしました」

SONY DSC・トラブルクレーム時にも迅速で円滑な対応が可能に
・事前に終礼の議題や報告内容を共有することで時間短縮化
・タイムラインの活用により社員間の交流も盛んに

 
弊社は24時間体制で不動産管理をメインに行っていますが、トラブルクレームが発生した場合、管理部の担当者が社員一人ひとりのスケジュールを確認しながら電話連絡し、現場確認のできる社員を探し、対処するという流れでした。

しかし、「WowTalk」導入後はグループトークから一斉にトラブルクレームの状況を社員に通知することで、手間や煩わしさを解消することができました。また、メモをいちいち取らなくてもチャットトークに該当物件の詳細や情報を残せるので時間の無駄がなくなり、迅速に対応できるようになりました。

完了報告や状況共有の際にも写真をスマートフォンで撮影しそのまま添付できるので言葉で伝えるだけよりも確実に伝えられます。
日々の終礼でも、今日あった事柄や議題を事前にチャットトークで共有しておくことで、時間短縮化もできています。「WowTalk」を活用することで業務効率や生産性が劇的にアップしました。

弊社は、日ごろから社員旅行や社員の家族を集めたバーベキューなど会社行事も多く風通しは良い風土ではありますが、「WowTalk」のタイムラインを活用して契約が決まった時や社員の誕生日の時にはコメントを投稿したりと、より社員間の交流が盛んになりましたね。

 

今後の展望

「IT導入により効率化できる部分がたくさんある業界だと思います。」

 
今後は、お部屋探し中のお客様や賃貸管理のお客様とも「WowTalk」でリアルタイムに情報共有できるようになれたら良いなと考えています。

たとえば、シャワーの水が止まらない!などのトラブル時にも使用している製品の型番をそのまま写真で撮って送ってもらえれば、電話で説明してもらうよりもすぐに対応でき、お客様サービスの向上につながる部分もあると思います。また、出向いて確認してまた業者に連絡して再訪するなどのやりとりが無くなり、無駄な出動を減らすことができるかも知れません。今後、実証実験をしてみたいです。

会社としては、10年後に埼玉県で管理戸数No.1の会社になっていたいです。そのために、地域に密着し、お客様に安心して資産管理をお任せいただけるよう「WowTalk」を活用しながらスピーディかつ丁寧な対応を常に心がけていきたいです。

 
SONY DSC SONY DSC

 会社エントランスでは、テルミのロゴマークでもあるコリー犬がお出迎え。
コリーブームを起こした名作アニメ「名犬ラッシー」が由来とのこと。
聡明で豊か、主人や家族を守る「番犬」の意味がこめられています!

 
 

株式会社テルミ

http://terumi.jp/
設立:1987年2月
事業内容:不動産
代表取締役:高田 龍美
本社:埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-35-10 ベリテビル5階

 

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」 資料請求はこちら

document_dl-04

  • ASUS

ビジネスチャットをつかってみた!~ASUS JAPAN様~

新企画がはじまりました!栄えある初回はASUS JAPAN様にご協力いただき、「WowTalk」を試していただきました。

「ビジネスチャットをつかってみた」とは?

従来のメールや電話連絡では成しえない「いつでも」「どこでも」「安全」に情報共有がスピーディに行えるツールとして注目されている「ビジネスチャット」。プライベートでも当たり前のように使っているチャットが便利なのは想像できるけど、部署やチームでどのように業務で利用できるかいまいちピンとこない・・・

そんなユーザー様に、ビジネスチャットを活用した新しい働き方を実感していただくべくモニターとして一定期間無償でご利用いただける企画です。

利用プロジェクト

今回は、デジタル新時代のリーディングカンパニーとして、話題のAndoroidスマートフォン「ZenFone」シリーズなど豊富な製品ラインアップを提供しているASUS JAPAN様にモニターしていただき、実際に「つかってみた!」感想をコンシューマー事業部 リテール営業3課の皆様にインタビューしました!

今回はASUS JAPANとキングソフトが、昨年から定期的に共同で実施している『セールスコンテスト』の期間、約1ヵ月半のあいだ、各チームの情報共有や迅速なコミュニケーションに「WowTalk」を活用いただきました。『セールスコンテスト』は、全国家電量販店で取り扱いのあるASUSノートパソコンにオフィスソフト「KINGSOFT Office」がプリインストールされていることから、家電量販店に訪れるお客様に付加価値としての「KINGSOFT Office」をよりご理解いただくことでASUSノートパソコンの販売増加に寄与したいという思いでスタートした企画です。家電量販店のASUS販売プロモーターおよび営業担当がチームに分かれ、販売ノウハウを競うことによる、販売力の向上と営業力強化を目的としています。

まつやま
(モニター利用を終えて)おつかれさまでした!
「KINGSOFT Office」搭載のASUSノートパソコンを販売し、その成績を各営業チームが競う「セールスコンテスト」ですが、今回でもう3回目の開催なんですよね。
Kさま
そうです、4半期に一度の開催を目指しています。
今回は初の取り組みとして「WowTalk」を家電量販店に常駐する販売スタッフ全国21店舗、22名を対象にアカウントを配布し活用してもらいました。

 

まつやま
スムーズな情報共有、迅速なコミュニケーションのため「WowTalk」を使用してくださった・・・
とのことでしたが、実際使ってみての感想を聞かせてください。
Kさま
まず、「WowTalk」を使用した経緯として、クローズドな環境で使える点です。
今回は特に営業の数字や業務に直結する内容がやりとりに含まれるので、オープンに使えてしまう一般的なチャットツールはリスクが多すぎると感じていて。
「WowTalk」であれば配布されたメンバー以外は、会話に参加したり覗いたりすることができないので安心でした。

 

まつやま
「WowTalk」は、セキュリティ面でも評価していただけるケースが多いです。
今回は特別に、22名の営業メンバーのほか、キングソフトの担当メンバーもASUS様の企業アカウントに入れてもらい「WowTalk」の利用促進や、セールスコンテストにおいて気付いた点を双方向にキャッチアップできるツールとして活用いただきました。
Mさま
具体的な使い方としては、「KINGSOFT Office」関連ツールの欠品状況をキングソフトさん側に連絡し、すぐ郵送対応してもらったり。装飾物や販促物の写真をその場で撮影し送信できるので、従来のように弊社担当者が状況を確認し、希望数を取りまとめてからキングソフトさん側に伝えると言った手間やタイムロスを省くことができましたね。

 

まつやま
各チーム内での利用状況はいかがでしたか?
Kさま
そうですね、導入期間が1ヵ月半と短かったため、正直全員で積極的に活用できたかと言うと・・・
いつもパソコンをもち歩き、常に開ける状況であるとは限らないので、スマートフォンをベースに。と言うのは非常に手軽で便利でした。
前述にもありましたがクローズドな環境のほか、端末番号制限も出来るので、上司や管理側からしてみれば実績報告やアンオフィシャルな内容なども「WowTalk」からであれば安心感がありましたね。
ただ、チャット上の連絡ばかりになってしまい・・・

 

まつやま
ほかの機能は触ってみましたか?ここの・・・タイムラインとか・・・

shera-slide02
Mさま
私は、結構積極的に投稿していましたよ!皆からの反応は薄かったですが。
まつやま
チャットトークは「既読/未読」がわかりますが、タイムラインは「いいね!」や「コメント」で反応してもらえないと、ちょっとさびしいですよね。投稿している身としては💦
Iさま
すいません。私は今、タイムラインの存在を知りました(笑)
(実際触ってみて)これ、便利ですね。自分がやりたかった活用がタイムラインから出来そうです❗
チャットトーク、確かに便利なのですが「既読」が付く=認識した。という定義がどうも信じられなくて。
タイムラインなら画像と文章をセットで投稿できるし、自発的に「いいね!」してくれたメンバーは、ちゃんと投稿を理解している。と言うことですものね。

 

まつやま
最後に知っていただけて良かったです(笑)
タイムラインの投稿カテゴリ名を企業ごとに自由に変更できるんですよ。たとえば、今回のご使用いただいたケースであれば『実績報告』『コンテスト途中経過』『キングソフト』とか・・・カテゴリごとに分けて投稿・閲覧できるので見やすくなります。

Kさま
あとは、企業の管理担当者が任意で入れたメンバーが「WowTalk」内の社員リストという項目に入ってるのもよかったです。普段、顔を合わせてミーティングすることができない北海道や広島のメンバーとも「WowTalk」で以前よりも情報共有できたと感じます。
地方支店のメンバーのほうが、帰属意識が高いことが今回わかった気がします。

 

まつやま
今回は期間が短かったとの声もありましたが、今日のインタビューをキッカケに今後も「WowTalk」を活用いただけると嬉しいです!
Kさま
そうですね、「WowTalk」運用ルールや社内アナウンスを再度見直し、継続利用していく中で営業強化や組織力強化につなげていきたいと思います。

 

 

まとめ

今回「WowTalk」を利用いただいた感想を直接インタビューし感じた「ビジネスチャット」導入のポイントは以下の通りです。

・導入前に活用方法や投稿ルールをあらかじめ決めておく
・場所を選ばずに情報共有ができるので、会社全体の帰属意識を高められる
・「WowTalk」は端末制限もできるのでセキュリティ面で安心して業務連絡に使える

以上、今後も「ビジネスチャット」の可能性を探っていきます!

ビジネスチャットをつかってみた!無料体験お申込フォーム

  • セブン銀行Top

導入事例: 株式会社セブン銀行

セキュリティが保たれているから個人のスマホ端末でも安心

 
2001年にATMサービスを主とする銀行として誕生したセブン銀行。現在、セブン‐イレブンをはじめとするセブン&アイHLDGS.グループ店舗のほか、商業施設や空港、駅など全国のさまざまな場所に22,000台を超えるATMを設置しています。
今回は、内部の情報共有や連絡が迅速に取り合えるツールとしてビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入いただいた経緯と、活用法、今後の展開について商品サービス部 大井様にインタビューさせていただきました。

 

導入前の課題・背景

・外出時に店舗へ電話しスタッフの出社状況を確認するのが不便だった
・私用スマートフォンでも業務連絡を安全に行いたい

セブン‐イレブンなどに設置されているATMの印象が強いかと思いますが、全国に7つの店舗があり、セブン銀行の各種サービスのご案内、お申込みの受付などを行っています。2011年3月より『海外送金サービス』を提供していますが、ターゲットとなる日本に住む外国籍の方により多くの方にサービスを知っていただくため、店舗の中だけでなく、店外でも積極的に営業を行うようになりました。

それに伴い、営業担当者がお客さまを訪問するケースが増えましたが、営業担当者同士の待ち合わせ場所の確認や、シフト勤務で働いている店舗スタッフへの連絡など、外出先でスピーディに連絡を取り合う手段が無く、不便さを感じていました。
情報漏えいや誤送信などの危険がなく、安全かつタイムリーに連絡を取り合えるツールを、企業として導入する必要に迫られていました。

 

WowTalkを選んだ理由

・使い方がシンプルで操作が簡単、コミュニケーションを取るのに充分な機能
・導入から実際の利用開始までにかかる時間や手間が少ない

SONY DSC現在、本店とほか7店舗に配属されている営業メンバーで80ID導入しています。
様々な国籍のメンバーが在籍していますが、個々に使用手順を説明する必要なく、誰でも簡単に利用できるコミュニケーションツールを探した結果「WowTalk」に行き着きました。スマートフォンを使えてさえいれば「WowTalk」は簡単に使いこなせます。
導入の目的が明確だったため、過剰な機能がついていないシンプルな「WowTalk」がコスト面も含めてちょうど良かったです。
管理者の立場からも、CSVで名簿を一括登録できるので導入の手間もかからず、申し込んでからすぐに利用開始することができました。

 

導入効果

・海外送金の緊急情報などをスピーディに共有、お客様へより的確なご案内が可能に
・「言った」「聞いていない」のあやふやなやり取りが無くなった

課題でもあった外出中の業務連絡には毎日のようにチャットトークを利用しています。あとは、緊急情報をタイムラインから一斉に営業メンバーへ周知することで、タイムリーに情報共有でき、接客の質も向上しました。
店舗間でも毎日集合してミーティングできるわけではないので、「WowTalk」でこまめに連絡を取り合うことによって情報格差が以前より少なくなりました。チャットとして文字に残せるのでお互いの「言った」「聞いていない」といった事態も未然に防げるようにもなりましたね。

今後は「WowTalk」から報告の提出などにも活用していけたらと社内で検討しています。

 
SONY DSC
 
株式会社セブン銀行
http://www.sevenbank.co.jp/
設立:2001年4月
事業内容:ATM事業、金融サービス事業
代表取締役社長:二子石 謙輔
本社所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-1




ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」 資料請求はこちら

document_dl-04

  • main_visual_pola

導入事例:株式会社ポーラ

ICT導入によりダイバーシティを推進

創業者・鈴木忍氏のことば「最上のものを一人ひとりにあったお手入れとともに直接お手渡ししたい」の想いとともに、化粧品の製造・販売を事業とする株式会社ポーラ。80年以上に渡り継承されてきたブランドの独自価値を再定義し、2016年度は「Science.Art.Love.」の言葉を企業理念に掲げ新たなステージを目指しています。 (さらに…)

  • sankitop

導入事例:株式会社三喜

「WowTalk」があれば他のグループウェアは必要ない

気軽に誰にでも愛される“ファッション市場”というストアコンセプトの基、婦人洋品、紳士洋品、子供洋品、ベビー洋品をはじめとする衣料品、服地、寝具、生活関連品、インテリア用品をロープライスで販売提供している株式会社 三喜。『ファミリーファッション業界』で幅広い層から支持され、関東圏のみならず、信越や九州など全国に出店をしています。
今回は、内部の情報共有や連絡が迅速に取り合えるツールとしてビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入いただいた経緯と、活用法、今後の展開についてMD本部 アカウティング課 清水様にインタビューさせていただきました。

 

導入前の課題・背景

・「迅速なコミュニケーション」と「セキュリティ面の安全性」両方確保したかった

現在、三喜では正社員500名とパート約2,000名が働いていますが、昨年6月より導入したスマートフォンやリース車両、用度品の管理をアカウティング課が担当しています。
スマートフォンを導入後、スマートフォンをいかに活用しコミュニケーションスピードを上げていくかが課題でした。LINEは、コミュニケーションツールとしては使い勝手も良いですが携帯番号とアカウントが紐づいてしまう仕様に、企業として導入するにはセキュリティ面の不安がありました。

 

活用方法

・新しい売上創出!店舗間で客注商品の写真を共有し照会がスムーズに

「WowTalk」を430IDでスタートし、現在は北海道と北関東のグループ会社含め全体で590ID使っています。私は初期導入の430IDを管理していますが、ほとんどは店舗スタッフによる利用です。

三喜は、通常のアパレル会社のように一つひとつの商品を品番で管理したりしていません。店舗によって在庫数が違いますし、取引先には既に商品が無いケースが多数あります。
以前は、客注商品(お客様から問い合わせのあった商品)の問い合わせが来た場合、取引先にFAXするか電話で直接確認するしか手段がなかったので、手間や時間がかかりますし店舗間の確認はできないままでした。

今は「WowTalk」のグループトークで商品の写真を共有することで、別の店舗に在庫があるかどうかスピーディに確認・照会できるようになったので、以前よりもお客様に希望の商品をご案内できる率が高くなりました。
あとは、共有(タイムライン)機能からディスプレイやコーディネートの写真をスマホで撮って店舗ごとの良いサンプルを共有するのに役立っています。

 

「もし「WowTalk」がなかったとしたら
困ることがたくさんありますね。」

 

導入後の効果

・いつでも社内連絡網を最新の状態に保てるように
・利用頻度の低いグループウェアを解約。「WowTalk」に一本化することで経費節約にも

管理面で言うと、危機管理やBCPの観点から緊急時に使用する社内連絡網をエクセル表に反映し、手動更新していましたが、導入後は「WowTalk」に最新情報が反映されるので社員連絡網を新たに作成する必要がなくなり、管理が楽になりました。
また、スタッフのシフト確認も、プロフィール欄に記入してもらうことでスマホから簡単に確認できるようになりました。

各店舗にパソコンを設置していますが、スタッフが開いて中を確認する習慣がないのでメールで何かを共有しても、結局「メールした」ことを直接周知しなくてはいけないことがありました。
しかし、今は普段の小さなコミュニケーションもプッシュ通知のくるチャットトークで済ませているので、結果、パソコンのグループウェアを辞めて経費節減することができました。

今後は、WowTalkの無料通話機能をもっと活用したいです。複数人でのグループ通話などアップデートされるとのことなので機能向上を期待しています。

 
株式会社 三喜
http://www.fi-sanki.co.jp/
創業:1956年5月
事業内容:衣料品、服地、寝具、生活関連品、インテリア用品の小売業
代表取締役:八木下真司
本部:柏市中央町4-20




ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」 資料請求はこちら

document_dl-04

  • tecseminarbanner

導入事例:Tecゼミナール

空いた時間を活用し
学業と両立しながらも授業の質を落とさない

東大出身講師を中心としたハイレベルな「進学型個別指導」一筋に21年。「元祖」進学型個別指導の名のもとに、これまで以上に生徒一人ひとりを手厚く、かつ効率よく指導するため、講師間の情報共有ツールとしてビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を採用。

今回は、導入経緯と活用法、その効果について塾長 大財様と総務担当 高野様にインタビューさせていただきました。

導入前の課題・背景

・来塾しなくてもスムーズに生徒の引継ぎや情報共有を行いたい
・講師同士の個人間のやりとりではなく、担当全員で指導方法の把握や見直しを行いたい

まず、Tecゼミナールは現役東大生や院生を中心とした学生アルバイトで成り立っている塾です。常時60名ほどが講師として在籍しており、生徒の指導を行っています。
学生生活の合間に『講師』としてアルバイトしており、基本シフト制なので皆が顔を合わせて集合する機会が持てないなか、どのように情報共有していくかが大きな課題でした。

また、塾によっては、保護者面談など授業とは別の付随業務を無給でやらせる環境もあります。当塾は、そういったイメージを払拭するべく、クラウドやツールの活用により少しでも学生アルバイトの「負担」を減らし、働きやすい環境づくりにも積極的に取り組んでいきたいと考えていました。

 

指導の質を高め、先生の負担を減らすことができる

導入のきっかけ

・「社員一人にパソコン1台」の環境はなくても個人モバイルでビジネスチャットが可能
・グループの制限数がないので生徒ごとのグループを作成できる

講師全員がパソコンを持っているわけではないので、スマートフォン主体で利用できるツールを探していました。チャットアプリ「LINE」の利用も考えましたが、特に新人講師同士での個人的なやりとりでは引継ぎ内容が薄くなってしまったり誤った指導方法に逸れてしまうと質の高い授業を行えなくなってしまうという懸念がありました。
「WowTalk」は、トークグループ数の制限がないので生徒一人ひとりのグループを作ることができる点と、ビジネスチャットの中ではパソコン以上にモバイルアプリの機能がしっかりしている点が決め手となり導入に至りました。

 

活用方法

・一人ひとりに合った指導方法を事前に確認、ベテラン講師からのアドバイスを直接ヒアリング
・すき間時間を活用し授業後の報告も「WowTalk」で

たとえば、昔は授業前に早く出勤し、授業の様子を報告する『レポート』や生徒の情報を紙ベースにまとめたファイルを引っ張り出し、都度確認する作業がありました。
最近は、いつでも確認できるように紙データをPDFファイルに変換しクラウドサービスを利用して共有していますが、データにまとめられた内容以外のタイムリーな情報は、共有は出来ていませんでした。
そこで、報告関連は基本的に「WowTalk」で行うようにしました。

塾長含め全ての講師がトークメンバーに入ったグループを生徒の名前で個別に作成し、授業前にその生徒に対する「講義内容」や「講習」の提案方法など、あらかじめ講師が準備していた内容を投稿してもらいます。それを見たベテラン講師や塾長から、直接アドバイスをもらい、意識や方針を統一しながら生徒一人ひとりに適した対応や授業方針を固めていきます。
以前は、時間に余裕がないと直接アドバイスを受けられないケースがありましたが「WowTalk」ならチャットで会話をしながら気軽に確認することができるので、前にも増して生徒や親御様に対しても手厚く対応することができるようになりました。

また、授業後の報告、通称「アフターWowTalk」というものを担当した講師から投稿してもらっていますが、以前は帰宅してからの作業になってしまい手間や負担になりがちでしたが、「WowTalk」ならスマートフォンから帰宅中の電車の中でも報告することができるようになり、すき間時間をうまく使えるようになりました。模範授業の動画の共有も塾に向かう途中、いつでもチェックできるようになり教育体制の強化にも繋がっています。

 

自由に発言できる場を作ることで
講師のモチベーションも向上

導入後の効果

・情報共有が密にできるようになり、教え方にばらつきなく統一されるようになった
・コミュニケーションが増え、講師自身のモチベーション向上につながった

実は、「WowTalk」の活用方法やルールも私たちがイチから作り提案したわけではなく、講師同士が意見を交わす中で現状の仕様に落ち着きました。
もともと自由な空気でしたが、導入後はもっと活発にコミュニケーションを取ることができるようになりましたね。先ほど話した授業後の報告「アフターWowTalk」や、そのほか塾が良くなるための提案や発言など。様々なトークに対し、塾長が「いいね!」と思ったらスタンプを送信するんです。スタンプが投稿されたら発言者に少しですがボーナスが出るという取り組みもあるので、よりいっそう積極的に発言してくれています。
実務的な内容はレポートとして提出してもらっていますが、書き漏れがあった際にも、後日談にしてしまうということがなくなり、すぐにフォローできる体制が出来たこともよかったです。

Tecゼミナール
http://www.tecseminar.jp/
設立:1993年
事業内容:進学型個別指導塾の経営
塾長 :大財 青史
所在地:〒156-0045 東京都世田谷区桜上水4-17-4 海老沢ビル2F

 

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」 資料請求はこちら

document_dl-04

  • sbhumantop02

導入事例:SBヒューマンキャピタル株式会社

求職者も求人企業も満足のいく「場」を提供したい

SBヒューマンキャピタル株式会社(以下、SBヒューマンキャピタル)は、ソフトバンクグル―プ唯一の人材サービス事業会社として、掲載案件数業界トップクラスを誇る「イーキャリア」ブランドを掲げた3つのポータル転職情報サイトの運営、人材紹介、教育関連・マーケティング支援などを主な事業としています。 (さらに…)

  • main_visual0218

導入事例:ピーアークホールディングス株式会社

一人ひとりがヒーロー、ヒロインであると気付かせるツール

「お客様の期待価値を創造し、社会から期待される存在になる」を経営理念に、関東圏にてパチンコホールを中心としたレジャー施設36店舗を運営するピーアークホールディングス株式会社(以下、ピーアーク)。 (さらに…)

  • main_visual0216

導入事例:株式会社ラネット

リアルタイムに情報を周知。
スピード感ある対応で無駄なメールを削減。

携帯電話の販売および付随する各種サービスの提供と、MVNO事業を中核業務する株式会社ラネット。
大手家電量販店ビックカメラの100%出資子会社として、設立13期を迎え、売上1,000億円超え、従業員数1,000名規模に成長しています。
(さらに…)

  • kectop

導入事例:久住電気株式会社

社内の『情報共有』に時間差を作ってはいけないと思います

社是【人和力】を根底に、電気・通信にまつわる事業を展開している久住電気株式会社。
今回は、社内のコミュニケーションツールとしての「WowTalk(ワゥトーク)」活用方法について、総務部 外山様にお話を伺いました。
(さらに…)

  • sagawatop

導入事例:佐川急便株式会社

営業所内等での情報共有という課題を克服!
今後は全ドライバー5万人規模での利用を検討

 

導入前の課題

・グループトークによるチームワークを醸成したい
・迅速かつ確実に、情報共有を図りたい

100を超える国内・海外法人で構成される物流業界トップクラスの企業「SGホールディングスグループ」。その中核事業会社である、大手物流企業の佐川急便株式会社(以下、佐川急便)は、経営ビジョンに「全ての信頼に応え、選ばれる企業へ」を掲げています。
(さらに…)

  • globaladvancedcomm

導入事例:グローバルアドバンスドコミュニケーションズ合同会社

 

「社内のやりとりを見ると、ほっとします。」

Global Advanced Communications合同会社 は、イーモバイル及びモバイル関連機器のレンタル、販売事業を国内外向けに展開しています。 (さらに…)

  • pj2

導入事例:株式会社ピーチ・ジョン

株式会社ピーチ・ジョン(以下、ピーチジョン)は、主に婦人系衣服の通信・直営販売業を行う会社です。日本全国のほか、香港、上海、北京などアジアでも女性を中心に人気を博している「ピーチ・ジョン・ザ・ストア」を運営しております。
(さらに…)

  • kameda_main

導入事例:亀田製菓株式会社

一方向ではない、双方の確認がスムーズに取れるツール

亀田製菓株式会社は、昭和32年(1957)に米菓メーカーとして会社が設立され、設18年目の昭和50年(1975)に米菓業界で売上日本一を獲得。以来、米菓市場国内シェア1位、さらに国内米菓市場の約30%のシェアを持つトップカンパニーとなっています。 (さらに…)

  • sekisui_visual

導入事例:セキスイハイム東海株式会社

リアルタイムな報告や相互コミュニケーションが可能に

セキスイハイム東海グループは、「お客様第一主義」の理念のもと、県内トップシェアを誇る住宅業界のリーディングカンパニーです。 (さらに…)

  • main_visual_tres

導入事例:株式会社トレス・バインド

大手クライアントが用いる業務アプリ系やWeb系、組込み制御系の技術とシステム知識を習得し、そこで得られたノウハウと社内のアイデアを元に自社独自のサービスを開発・提供している株式会社トレス・バインド。代表取締役 北島 壮俊氏にワゥトークの導入についてインタビューさせていただきました。 (さらに…)

  • main_visual_clinic

導入事例:医療法人社団明照会

高齢者、施設、老人ホーム、サポート付きの賃貸住宅への訪問診療、往診をメインとしたクリニック医療機関を運営する医療法人社団明照会。今回、ワゥトークを採用していただいた経緯や利用方法について専務理事 小倉考雄氏にインタビューさせていただきました。 (さらに…)

  • aol_visual2

【後編】AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社

■導入のポイント

—-メール文化が浸透している社内にコミュニケーションアプリという新しいジャンルのツールを導入するのは抵抗がありましたか? (さらに…)

  • aol_visual1

【前編】AOLプラットフォームズ・ジャパン株式会社  

“今まで無かったスマートフォンの活用。すきま時間を利用した情報収集や社内行事の連絡も。スピード重視のやりとりはWowTalk!と呼びかけ” (さらに…)

  • main_visual_dd2

【後編】株式会社ディーンアンドデルーカジャパン

WowTalkならリアルタイムなやりとりができる。会議前の直前連絡にも活用

—-WowTalkを使うことで上司やグループ、横も縦もコミュニケーションが変わりましたか?
(さらに…)

  • main_visual_dd1

【前編】株式会社ディーンアンドデルーカジャパン

「WowTalk」は、まさに時代にあったコミュニケーションツール。
グループ会社同士で今まで無かった良いハレーションが起こりつつある。

(さらに…)