無料で試してみる →

ビジネスチャットの導入効果とは?メールと比較した場合の費用対効果を検証

公開日:2024.04.22 更新日:2024.04.22

近年、ビジネスシーンにおけるコミュニケーションツールとして、メールに代わる「ビジネスチャット」が注目を集めています。リアルタイムな情報共有やスムーズなコラボレーションを実現し、業務効率化に大きく貢献することが期待されています。

しかし、従来のメールとの違いや、導入効果、費用対効果など、ビジネスチャット導入を検討する上で疑問に思う点も多いのではないでしょうか。

本記事では、ビジネスチャットとメールそれぞれを比較した上で、ビジネスチャット導入で期待される効果について詳しく解説します。さらに、コミュニケーション効率や生産性の向上、コスト削減、セキュリティ面での比較、費用対効果など、具体的なメリットについても掘り下げてご紹介します。ビジネスチャット導入を検討している方、メールとの違いや効果を知りたい方、費用対効果について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

コミュニケーション効率の劇的な向上

従来のメールと異なり、ビジネスチャットはリアルタイムな情報共有と意思決定を可能にします。チャット画面上で直接会話することで、迅速な情報共有や意見交換を実現し、意思決定のスピードを大幅に向上させることができます。

また、チームメンバーやプロジェクト関係者全員をグループチャットに招待することで、情報共有の漏れや遅れを防ぎ、円滑なチームワークとコラボレーションを促進することができます。

さらに、ファイル共有やタスク管理機能などを活用することで、仕事の進捗状況を可視化し、チーム全体で効率的に業務を進めることができます。

これらの機能により、ビジネスチャットは、メールでは実現できなかったコミュニケーションの質とスピードを飛躍的に向上させることができます。

飛躍的な生産性向上とコスト削減

ビジネスチャット導入で得られるメリットはコミュニケーション効率の向上以外にもあります。タスク管理機能やファイル共有機能を上手に活用することで業務全体の効率化を図ることができます。

タスク管理機能を活用することで、個々のタスクの進捗状況を可視化し、チーム全体で進捗状況を把握することができます。タスクに期限を設定したり、担当者を割り当てることで、より効率的にタスクを管理することができます。また、ファイル共有機能で資料を迅速に共有し、承認を得ることができます。従来のように、メールで資料を送受信する必要がなくなり、大幅に時間を短縮することができます。

ビジネスチャットには業務を効率化させる機能が付帯されていることが多く、生産性を飛躍的に向上させることができます。チャットでのコミュニケーションが日常化していると会議時間を削減する効果も期待できます。

セキュリティ面から考えるビジネスチャットとメールの違い

ビジネスチャットとメールは、企業内外でのコミュニケーションに広く使用されているツールですが、セキュリティ面から見ると両者の間には顕著な違いがあります。

ビジネスチャットのセキュリティ機能

ビジネスチャットツールは、セキュリティに対する企業のニーズに応えるためにさまざまなセキュリティ機能を備えています。例えば、暗号化が施された通信は送信者から受信者までのデータが途中で第三者に読み取られる心配がありません。また、多くのビジネスチャットは二要素認証、外部からの不正アクセス監視、データの自動バックアップなど、ユーザーのアカウントと通信の安全を保護するための機能を有しています。

メールのセキュリティ上の課題

一方で、メールは長年にわたって使用されてきた基本的なコミュニケーションツールであるため、多くのセキュリティ上の課題が存在しています。フィッシング攻撃、マルウェア、スパムメールといったセキュリティリスクが常に存在し、これらの脅威から守るために多くのリソースを要することがあります。

メールシステムは、暗号化を実装している場合が少なく、送受信される情報の秘密性を保つことが難しい場合があります。また、添付ファイルやリンクを通じたマルウェアの感染リスクも高いという問題があります。

セキュリティ面から見れば、ビジネスチャットはメールに比べて進化した保護機能を有しているため企業の機密情報を守る上では適切な選択と言えます。メールの使用が避けられない場合でも、暗号化や二要素認証といったセキュリティ対策を施し、安全な使用を心がけることが重要です。

ビジネスチャットの費用対効果について

ビジネスチャット導入を検討する上で、重要なポイントとなるのが「費用対効果」です。導入コストやランニングコスト、費用対効果を算出する方法について詳しく解説します。

導入コストとランニングコスト

ビジネスチャットツールの多くがクラウドサービスのため初期費用が発生することはほとんどありませんが、まれに導入コンサルティング費用などかかることもあります。ランニングコストは利用するツールやプランによって異なりますが、一般的には1ユーザーあたり月額数百円から数千円程度で月額利用料やメンテナンス費用などが含まれます。無料で使えるツールもありますが、機能が制限されている場合があるため自社での運用方法をしっかり検討した上で選択する必要があります。

費用対効果を算出する方法

ビジネスチャットの費用対効果を算出するには、直接的および間接的な利益を定量化する必要があります。

直接的な利益として、時間の節約量(タスク管理が容易になる、情報の検索時間が短縮される等)を金額換算し、これを投資額(導入コストおよびランニングコスト)と比較します。間接的な利益には、従業員の満足度の向上、情報共有漏れの低下、チーム間のコミュニケーションの改善などがありますが、これらを具体的な数値化するのは難しい場合があります。しかし、従業員満足度アンケートの結果の改善や、プロジェクト完了までの時間の短縮など、間接効果を示唆する指標を追跡することで、費用対効果をより明確に見積もることが可能です。

ビジネスチャットとメールの比較結果から、ビジネスチャットの優位性が明らかとなりました。作業効率の向上、コミュニケーションの質の改善、それによるチームのモチベーションUPといったさまざまな面で顕著です。ビジネスチャットのリアルタイム性は、メールでは困難な高レベルのコミュニケーション効率をもたらします。コストはかかるものの比較的低価格であり、長い目で見ると高い費用対効果を期待できる投資と言えるでしょう。

従業員の満足度が上がり、ビジネスシーンでの働き方を大きく変える「WowTalk」

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」は、法人用に開発されたチャットコミュニケーションツールです。

WowTalkは「ITが苦手な方でも直感的に扱えるシンプルな操作性」「法人向けの管理機能」を兼ね備えたチャットコミュニケーションアプリです。そのため、“導入教育なし”で現場に利用を浸透させることが可能です。

2014年のリリース以降、幅広い業種の企業に利用され、累計導入数は10,000社を突破。セキュリティが厳格な銀行業や大手企業でも導入されており、実績が豊富です。

日常の業務連絡やコミュニケーションにはもちろん、「共有(掲示板)機能」や「グループトーク」を活用することで全社的な業務連絡の発信にも利用できます。また、絵文字スタンプや絵文字リアクション機能を利用して、文字だけでは表現しきれない感情の伝達もサポートします。

業務効率化や社内のコミュニケーションツールをお探しの方はぜひ導入を検討されてみてください。

※ワウテック株式会社は2023年9月1日にグループ会社であるキングソフト株式会社と合併いたしました。

WowTalk製品資料 導入実績10,000社を超えるビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」についてまとめた資料です。機能に関する具体的な説明の他、導入事例や導入効果、料金プランなどの情報も掲載しています。 資料をダウンロード

関連記事

  • 【失敗例に学ぶ】ビジネスチャット導入成功5つのポイント
  • 【重要な内容は“1年以上”保存】政府がチャットツールの共通ルールを策定。実現可能なサービスとは?
  • メール見落とし対策にも。ビジネスチャットでトラブル削減。
  • 【飲食業向け】パート・アルバイトとのSNSコミュニケーションのセキュリティリスクとは?

3分でわかる、
WowTalk製品資料を無料ダウンロード!