ワウテック株式会社(東京都中央区、代表取締役 瀬沼悠、以下「ワウテック」)が開発・提供する、利用社数5,000社超を誇るビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」は、この度、チャット上での感情表現をさらに豊かにする「絵文字リアクション機能」を追加したことを発表いたします。


 

◆ 「絵文字リアクション」の概要

今回、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」に追加された「絵文字リアクション機能」は、トーク上に投稿されたメッセージに対して12種類の絵文字で反応(リアクション)することができる機能になります。(※下記画像を参照)

例えば、「了解」「ありがとう」のように文字だけでは伝わりきらない“感情”を、スタンプよりもカジュアルに伝えられます。

今回機能追加された「絵文字リアクション」は、WowTalkのスマートフォンアプリ(iOS / Android)、Webブラウザ、PCクライアント(Windows)と全ての環境でご利用いただくことが可能です。

 

◎スマートフォンアプリ版

1

スマートフォンアプリ版の絵文字リアクションの使い方をご紹介します。

まず、(個人やグループ問わず)トークルーム上でリアクションしたい特定のトークを長押しします。すると、コピーや翻訳機能、転送などを選択するメニュー画面に「絵文字リアクション」という項目が現れます。

絵文字リアクションをタップすることで、12種類の絵文字が表示され、任意の絵文字を選択すると、該当のトークに絵文字が付与されます。

 

◎PC版(ブラウザ/Webアプリ)

2

PC版の絵文字リアクションの使い方をご紹介します。

スマートフォンアプリ版同様に(個人やグループ問わず)トークルームを開きます。リアクションしたい特定の投稿に対して、マウスのカーソルを合わせるとトークの右上に絵文字の顔マークが表示されます。

マークをクリックすることで、12種類の絵文字を選択できトークへのリアクションが可能です。

 

◆ 「絵文字リアクション」開発の背景

image6

近年の日本は、地震や台風のような自然災害、そして新型コロナウィルスのような疫病の発生などにより、オフィス以外の場所で働く「テレワーク(在宅勤務)」という働き方が注目されています。

そうした環境下において、離れた場所で仕事をする従業員同士のコミュニケーション手段として、電話やメールのほか、ビジネスチャットによるコミュニケーションも普及し始めています。

文章を使ったコミュニケーションでありながら、ほぼリアルタイムにかつ、カジュアルにやり取りできる一方で、対面や電話で会話をするよりも「感情が伝わりにくい」と感じた経験はないでしょうか。

image4

そこで、当社が提供するビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」では、機能開発を行う上で重要視する製品コンセプト「“Communication-Rebuild” ~5つの視点~」において、「温度・感情」に重ねる形で、「絵文字リアクション」の開発に至りました。

すでに気持ちや感情を表現する手段として「スタンプ」を提供しておりますが、スタンプよりもさらにシンプルに「ありがとう」「了解」「おめでとう」といった気持ちを伝えるための手段としてご活用いただくことが可能です。

また、特定のトークに対して複数メンバーからの気持ちが集約されるため、重要なトークがスタンプによってタイムライン上で流れてしまうことを防ぐという効果もあります。

 

参考:
https://www.wowtech.co.jp/20190108_product-concept.html

 


 

社内SNS・コミュニケーションアプリ「WowTalk」 資料請求はこちら
wow_seikyu_