◆NTTドコモと協力|北海道胆振東部地震災害の復興支援

 
2018年9月6日に発生した「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」災害により、被害に見舞われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

ワウテックは、株式会社NTTドコモ(以下、「ドコモ」)の協力のもと、「平成30年北海道胆振東部地震」災害の復興支援として、被災した地域にある法人を対象にWowTalk(ワウトーク)ベーシックプランの無償提供を本日(9月7日)より開始いたします。

 

◆WowTalkの利活用方法について

 
WowTalkは管理者の方がアカウントを付与したメンバーのみが利用できる、より簡単・スピーディーに、リアルタイムのコミュニケーションを実現させる法人チャットサービスです。

最大の特徴は、「直感的に使える簡単な操作性」と「数万アカウントという大規模導入実績」という点で、お客様が気にされるセキュリティ面はもちろん、管理者様のほうで約40種類ほどの機能をお客様のポリシーに併せてカスタマイズできる点を強みとしております。

「トーク(チャット)機能」「グループトーク機能」「無料通話(音声通話)機能」「共有(タイムライン)機能」という基本機能が搭載され、電話やメールにはない、即時性・スピード感を持った新たなコミュニケーションを可能とします。「伝えたい」と思ったその想いを、リアルタイムで、社員同士、ともに働くメンバーにつなぐことができます。

今回、9月6日(午前3時8分)に発生した “平成30年北海道胆振東部地震” 災害においては、コミュニケーション・情報共有ツールとして「WowTalk」を活用いただくことで、微力ながらお役に立てるのではないかと考えております。

現地のコミュニケーションや遠隔地との情報共有が、メールや電話だけでは実現できない救援活動や復興支援を円滑かつ迅速に行うことができるようになるはずです。実際、現在WowTalkを導入する企業では、有事の際の災害対策、BCP対策の一環として当社サービスをご利用いただくケースも増えてきております。電話やメールでは即時・リアルタイムでのコミュニケーションが難しく、その際に効力を発揮するのがWowTalkです。

また、”平成30年7月豪雨” 災害時にも同様の支援をさせていただいてますが、その際は複数の企業にご利用いただいております。※1

ワウテックでは、少しでも “平成30年北海道胆振東部地震” 災害に見舞われた方々のお力になりたいと考えてます。当社サービス「WowTalk」を活用いただくことで、皆様の復興のご支援をさせていただければ幸いです。

 

◆「平成30年北海道胆振東部地震」災害の復興支援の詳細

 
◆支援内容
WowTalk(ワウトーク)ベーシックプラン
https://www.wowtalk.jp/
※サービス詳細に関しましては、上記URLもしくはお近くのドコモの法人営業担当者までお問い合わせください

 
◆対象
災害救助法適用の下記エリアにて活動を行っている法人企業
対象エリア:北海道全域(2018年9月7日現在)

 
◆対象期間
申込期間:2018年9月7日~2018年11月30日申込まで
提供期間:~2018年12月31日(予定)

 
◆お問い合わせ先
お近くのドコモの法人営業担当者までお問い合わせください。

 

■ ワウテックよりお知らせ

“平成30年7月豪雨” 災害の復興支援プロジェクトの提供期間延長のお知らせ

2018年7月5日に発生した “平成30年7月豪雨” 災害により、被害に見舞われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

ワウテックはドコモの協力のもと、”平成30年7月豪雨” 災害の復興支援として、被災した地域にある法人を対象にビジネスチャット「WowTalk(ベーシックプラン)」の無償提供を7月31日より実施しております。その際にリリースした内容から、先日の台風21号の影響もあり、無償提供期間延長とさせていただくこととなりました。

引き続き、少しでも被害に見舞われた方々のお力になれるようこのような形ではございますが、サポートさせていただきたく考えております。

◆関連記事
https://www.wowtalk.jp/info/fukkoushien201807.html

◆対象期間
申込期間:2018年7月17日~2018年10月31日申込まで
提供期間:~2018年12月31日
※当初、申込期間が8月末、提供期間が9月末まででしたが、上記スケジュールに延長となりました