◆創業140年の伊予銀行がビジネスチャットを導入

 
「いよぎん」の愛称で知られる2018年3月15日に創業140年を迎えた株式会社伊予銀行(愛媛県松山市、取締役頭取 大塚岩男、以下「伊予銀行」)が、利用企業3,000社を誇るワウテックが提供するサービス、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入したことを発表いたします。

 
iyoginkou_sitetop_b01

 

◆社内の”生産性向上”と”ワークスタイル変革”が導入理由

 
1878年(明治11年)3月15日に創業した伊予銀行は今年で140年目を迎えました。今も「潤いと活力ある地域の明日を創る」という企業理念のもと、10年先もその先も「伊予銀行があってよかった」と言っていただけるように事業展開しています。

現在、全国に144の支店数を構える歴史ある伊予銀行は、さらに企業成長を遂げ、より良いサービスを展開していけるようにと、「生産性の向上」「ワークスタイルの変革」という観点から、持ち運び可能なPCが行内外で利用でき、場所を選ばす迅速な情報共有や判断等が可能とするため、働く環境の整備に着手しました。

そして、その一環として、このたび当社が提唱する利用社数3,000社の実績を誇るビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入するにいたりました。

また、今後、伊予銀行がどのような経緯でビジネスチャット導入にいたったのか、普段の業務の中でどのように活用して業務改善に努めているのか、今後どのような点で積極利用を検討しているのかなどをまとめた事例インタビューを実施。後日、そのインタビュー内容をまとめた事例記事をWebサイトに掲載する予定です。

◆企業情報
◎​株式会社伊予銀行( http://www.iyobank.co.jp/top.html )
取締役頭取:大塚岩男
事業内容:預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務 等
住所:〒790-0006 松山市南堀端町1番地(本店)

 

◆WowTalk(ワウトーク)とは

 
wowtalksitetop02

https://www.wowtalk.jp/

 
ワウテックが開発・提供する「WowTalk」は、『直感的な操作性』『導入教育いらず』『数万規模の導入実績を誇る安全性』という特徴を持つ、高いリピート率(満足度)を誇るビジネスチャット・社内SNSです。

WowTalkは、働く環境を選ばない、いつ・どこにいてもスマートフォンやPCから、メッセージやスタンプ、画像ファイル、ドキュメントファイルなどのやりとりが可能です。これまでに3,000社以上の導入実績を持ち、「トーク」「共有(タイムライン)」「無料通話」「タスク管理」という基本機能、そのほかにもメンバーリスト、ファイル送受信、外部サービス連携など機能が充実しております。

また、WowTalkは管理機能が充実しており、管理者が全社員のIDとパスワードを発行し、社員アカウントを一括管理することが可能です。必要に応じて各種機能の有効範囲を個人単位で指定でき、重要な機密を扱う業種や情報の統制が必要な中・大企業でも安心してお使いいただけます。