利用社数5,000社超を誇るビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を開発・提供するワウテックは、WowTalk内の標準機能である「トーク」に共有したWebページの視認性を高めるため、OGP表示に対応したことをお知らせいたします。

 

◆「OGP」対応の背景

WowTalkは、2014年3月25日にサービス提供を開始して丸5年が経過、今年で6年目を迎えたビジネスチャットツールです。

これまでの5年間で生まれた機能の中には、お客様のご意見やご要望を受け、開発したものも多くあります。そして、今回新たに機能追加となったのが「OGP表示」で、この機能自体は既存のトーク機能でWebページの確認を快適に行っていただくための機能になります。

これにより、トークに共有されるURLが「どういったWebページなのか」「自身にとって確認すべきページなのか」を、URLをクリックすることなく、ひと目でご確認いただくことができるようになりました。

 

◎OGPとは?

OGP(Open Graph Protocol)とは、SNSやメッセージサービスなどでWebページを共有した時、その掲載したURLの内容を示すものです。Webページ上のタイトルとアイキャッチ画像(表紙)などを取得して表示します。

 

◆OGP対応後のトーク表示に関して

image4

従来では、トークでWebページのURLを投稿した際、投稿したURLがそのまま「https : //example~~」と表示されていました。

ただ、今回のアップデートにより、上記の画像のように掲載したWebページの「タイトル」「アイキャッチ(表紙)画像」「冒頭テキスト」を自動取得し、トーク上に表示されるようになりました。

トーク上で情報交換する際に、URLだけでは判断できないページ内容を視覚的に判断可能となり、限られた時間の中で業務にあたる中で、本当に必要な情報を取捨選択して確認できるようになりました。

この機能により、もっと快適に、もっとスピーディに普段の業務と向き合えるはずです。ぜひ体感ください。

 


 

社内SNS・コミュニケーションアプリ「WowTalk」 資料請求はこちら
wow_seikyu_