利用社数5,000社超を誇るビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を開発・提供するワウテックは、WowTalkのステータス機能を拡充したことを発表いたします。今回の機能拡充によって、メンバー個々人の状況・想いを明記できるようになり、より幅広い表現にご活用いただけるようになりました。

◆ WowTalkの「ステータス機能」とは?

image5※従来のステータス設定画面

WowTalkの「ステータス機能」とは、ご自身のプロフィールに「会議中」「外出」「休憩」
や任意の文言を記入できる「カスタマイズ」を登録しておくことで、周囲のメンバーに自身の状況を伝えるための機能です。

従来のステータス機能は、メンバーごとに個別のプロフィールページを確認することで、その状況を確認するというものでした。今回の機能拡充により、トーク上にステータスを表示させられるようになりました。

 

image1※今回新たに拡充した「ステータス」のトーク画面での表示

グループトークの場合、投稿時の名前の横、カッコ内に登録したステータスが表示されます。個人トークの場合、トーク画面上部の名前横のカッコ内にステータスが表示されます。

ステータス内容は100文字まで自由に表記可能なので、自身の業務状況を知らせる手段としてご活用いただくだけでなく、「今思っていること」などソーシャルメディアのように個人の表現の場として個性を表現するために活用することも可能です。

 

◆「ステータス機能」を拡充した背景

image2

WowTalkは、2019年1月7日に弊社が掲げたサービスコンセプト「Communication-Rebuild」に基づく機能開発を行っております。その根幹でもある5つの視点「言語」「距離・時間」「個性」「温度・感情」「経験」のうち、従来のステータス機能は「距離・時間」が異なるメンバー同士のコミュニケーションの壁を乗り越えるための手段としてご提供しておりました。

今回のアップデートにより、ひと目で「ステータス」を確認でき、かつ、自由な表現を行えることを目指して「個性」の表現という観点から機能を拡充したという背景があります。

「会議中」のような業務の“状況”を伝えられるだけでなく、ご自身の気持ちや考えなど内面などを含む“状態”の表現が可能になったことで、テキストコミュニケーションの中に“その人らしさ”を取り入れることができます。

コミュニケーションを行う相手が、今どういった状態なのか、どんな気持ちなのかをトーク上で可視化されることにより、より密なコミュニケーションを実現することを目指しております。

 


 

社内SNS・コミュニケーションアプリ「WowTalk」 資料請求はこちら
wow_seikyu_