ワウテック株式会社(東京都中央区、代表取締役 瀬沼悠、以下「ワウテック」)が開発・提供する、利用社数7,000社超を誇るビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」は、このたび、当サービスの基本機能の1つであるテキストコミュニケーション(トーク)の内容を音声で確認できる「トーク読み上げ機能」を追加したことを発表いたします。

◆ 「トーク読み上げ機能」の概要

今回、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」に追加された「トーク読み上げ機能」は、相手からトークが届くたびに自動的に読み上げを行う機能になります。(※下記画像を参照)

例えば、運送業や建築現場など、手を動かす仕事を行なっていて”即座にスマホで応対できない”という場合でも、音声で常時確認することができます。

今回機能追加された「トーク読み上げ機能」は、WowTalkのスマートフォンアプリ(iOS)、でご利用いただくことが可能です。こちらは次回アップデートより利用可能となります。

◎利用方法

1

ここでは、スマートフォンアプリ版のトーク読み上げ機能の使い方をご紹介します。

まず、(個人やグループ問わず)トークルームの右上の矢印をタップします。すると「読み上げON」という項目が現れます。

「読み上げON」をタップすることで、トーク読み上げモードがONになります。

トーク読み上げモードを利用している際は、相手からトークが届くたびに自動的に読み上げられます。読み上げモードをオフにすることで通常のトークに戻ります。

◆「トーク読み上げ機能」開発の背景

image6

近年、ビジネスにおいて、様々なコミュニケーション手段が普及しています。リアルタイムに会話ができるのが「電話」、文字情報として間違いなく伝えることができるのが「メール」。そして、それぞれのデメリットである「相手の時間を拘束してしまう」「すぐにレスが返ってこない。見ているかわからない」を軽減することができるのが「ビジネスチャット」です。

テキストベースで行われるチャットのトーク機能を使ったコミュニケーションでは、メールほど堅苦しい文章がいらず、簡単にやりとりができる上、相手は手が空いた時に見ることができるため、リアルタイムに正確に物事を伝えることができます。

しかし、職種によっては運転や作業中に「チャットが届いているけど手が離せなくて見ることができない。急ぎの連絡かもしれないのに……」と焦ってしまうこともあるかもしれません。
image4

そこで、当社が提供するビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」では、機能開発を行う上で重要視する製品コンセプト「“Communication-Rebuild” ~5つの視点~」の「個性」に重ねる形で、「トーク読み上げ機能」の開発にいたりました。

運送業や建設現場など専門分野をはじめ、職種ならではの働き方の違いや仕事ごとの個性に適応した利用方法を提供します。

また、特定の色が見えにくい弱視の方や全盲の方にとっても、トーク内容を音で確認することで、コミュニケーションの壁を1つでも軽減・取り除くことにつながるのではと考えております。

 

参考:
https://www.wowtech.co.jp/20190108_product-concept.html

 


 

社内SNS・コミュニケーションアプリ「WowTalk」 資料請求はこちら
wow_seikyu_