利用社数5,000社超を誇るビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を開発・提供するワウテックは、WowTalk内の標準機能である「日報」と、Googleカレンダーと連携して利用できる「カレンダー機能」をアップデートし、より便利にご活用いただけるようになったことをお知らせいたします。

 

今回の機能アップデートの背景

WowTalkは、2014年3月25日にサービス提供を開始して丸5年が経過、今年で6年目を迎えたビジネスチャットツールです。これまでの5年間で生まれた機能の中には、お客様のご意見やご要望を受け、開発したものも多くあります。

ちなみに、今回アップデートした「日報」、「Googleカレンダー連携」もお客様からのニーズが高かった機能で、より快適にビジネスチャットをご利用いただくため、頂いた意見をもとに機能強化を実施しました。

今回の新たな追加機能アップデートは、iOSはAppStore、Android OSではGoogle PlayにてWowTalkアプリをアップデートしていただくことでご利用いただけます。ぜひ、日々の業務にご活用いただけますと幸いです。

 

日報機能アップデートの詳細

image4

以前からWowTalkをご利用いただいているお客様より、「トーク」や「共有」機能を用いて、日報として活用されているというお声を頂戴しておりました。そこで昨年2018年9月にリリースしたのが「日報」機能です。

報告業務で発生する「提出」「確認」がシンプルに行えることをコンセプトに機能開発を進めリリースいたしました。その後、多くのお客様にご利用いただき、「もっと便利に活用するための、こういった要素を取り入れて欲しい」とお声を頂戴し、本アップデートで追加するに至りました。それが、下記の2つの機能アップデートです。

  1. 日報宛先を折りたためる機能
  2. 提出者と(個別)トークができる機能

今までの日報機能は使い勝手を優先し、提出者は「(確認者の)宛先を選び」「日報の文章を送信」という仕組みでした。そこで、より柔軟に日報をご活用いただけるようになりました。

また、メンバーの増員などに伴う宛先の増加が発生した場合でも、宛先情報を折りたためる(表示を省略できる)ことによって、より日報の本文を確認しやすくなりました。確認者は日報の内容に応じて、提出者にトークを送信できるように新たに「提出者とトーク」というボタンを追加しております。

 

カレンダー機能アップデートの詳細

image5

今年2019年4月に追加したWowTalkとのGoogleカレンダー連携機能も今回のアップデートで機能改善いたしました

メンバーが利用しているGoogleアカウントと連携することで、自分の予定ないし同僚の予定をWowTalk上で確認できるという機能です。

今回のアップデートでは、「UI(ユーザーインターフェイス)デザインの改善」と「繰り返し予定」の表示改善を行いました。UIデザインは、メンバーとの個別トークに表示されている「!」という「予定あり」の表示をカレンダーデザインに変更し、より直感的に予定の有無を把握できるように改善しました。

また、従来のカレンダー連携機能では「繰り返し予定」を設定すると予定一覧画面の上部に常時表示されていたものを、月別カレンダーの中で予定の順に表示されるようになったことで、繰り返し予定日を把握しやすくなりました。

参考:
https://www.wowtalk.jp/info/calendar1904.html

 


 

社内SNS・コミュニケーションアプリ「WowTalk」 資料請求はこちら
wow_seikyu_