無料で試してみる →

生成AIとは?ビジネスチャットで生成AIが使えるメリットについても解説

公開日:2024.06.24 更新日:2024.06.24

近年、生成AIの進化は目覚ましく、ビジネスシーンでも活用が加速しています。しかし、「生成AIって結局何ができるの?」「自社の業務にどう活かせるの?」と疑問を持つ企業も多いのではないでしょうか。

本記事では、生成AIの基礎知識や注意点、また、ビジネスチャット「WowTalk」に搭載されたAI機能「WowTalk AI」がどのようにビジネスコミュニケーションを進化させるかについて解説します。生成AIを導入することで、業務効率化と新たなビジネスチャンスを生み出す可能性があります。気になるご担当者の方はぜひご一読ください。

生成AIはビジネス変革の鍵となる

生成AIとは何なのか?

生成AIとは「Generative Artificial Intelligence(生成的人工知能)」の略で、文字通り「何かを生成する」能力を持つAIのことを指します。有名なところではOpenAIが開発したChatGPTや、Googleが開発したGeminiなどがあります。生成AIは、人間が与えたプロンプト(指示)に基づいて、オリジナルのコンテンツを生成します。具体的には、テキスト、画像、音声、動画など、さまざまな種類のコンテンツを生成することができます。これは、単なる情報の検索や分類とは異なり、AIが自ら新しい情報を創造するという点で画期的です。驚くほど自然な回答のため、人間がその結果を見て感心するほどの質を持つことも少なくありません。生成AIの登場により、コンテンツ制作の在り方が大きく変わろうとしています。

単なる検索で終えるのは惜しすぎる! 企業にとってのメリットとは

生成AIは、単なる情報検索ツールではありません。企業は生成AIを活用することで、さまざまなメリットを得ることができます。

まず、生成AIを活用することで、業務の効率化を図ることができます。例えば、文書作成やデザイン制作、プログラミングなどの作業に生成AIを活用することで、人間の手間と時間を大幅に削減できます。これにより、従業員はより創造的で付加価値の高い業務に専念することができます。

また、生成AIは新しいアイデアやコンセプトを提案してくれるため、人間の創造性を刺激し、イノベーションを促進します。AIが提示する斬新な発想やユニークな組み合わせは、人間の思考の枠を超えた可能性を秘めています。これにより、企業は新たな製品やサービスを開発し、競争力を高めることができます。

さらに、生成AIを活用することで、コスト削減も期待できます。AIによる自動化により、人件費や外注費を抑えることができます。また、AIを活用することで、試作品の製作やマーケティングリサーチなどにかかる時間とコストを削減できます。

例えばカスタマーサービスでのチャットボットとして利用すれば、24時間365日、お客様の問い合わせに対応できます。また、マーケティングの分野では、顧客データを基にしたターゲット広告や、より魅力的なコンテンツの作成が可能になります。

生成AI導入で気を付けなければならないポイント

生成AIが企業に革命をもたらす可能性を秘めていることをお伝えしてきましたが、その一方、導入にあたっては気を付けなければならないポイントもあります。ここでは大きく分けて2つご紹介します。

1.倫理的な問題

生成AIを導入する際には、倫理的な問題について慎重に考慮する必要があります。AIが生成したコンテンツの著作権や責任の所在、プライバシーの保護など、さまざまな倫理的な課題が存在します。

まず、生成AIが作成したコンテンツが完全にオリジナルであるかどうかを確認することが重要です。例えば、生成AIが生成した文章や画像が、既存の著作物と酷似している場合、著作権侵害の問題が生じる可能性があります。また、AIが学習したデータに個人情報が含まれている場合、プライバシー侵害のリスクもあります。

さらに、AIが生成したコンテンツが、特定の個人や集団に対する差別的な表現を含んでいる場合、社会的な問題に発展する恐れがあります。AIのアルゴリズムには、人間の偏見が反映される可能性があるため、公平性や多様性への配慮が欠かせません。

2.セキュリティ問題

もう一つの重要な課題はセキュリティ問題です。生成AIは大量のデータを処理しますが、その中には企業の機密情報や顧客の個人情報が含まれることもあります。これらのデータが漏えいしたり、不正アクセスされたりするリスクを最小限に抑えるためのセキュリティ対策が不可欠です。

データの暗号化やアクセス制限を設けるといった基本的なセキュリティ対策に加え、生成AI自体のセキュリティを強化することも重要です。例えば、生成AIが悪意のある攻撃によって改ざんされる危険性があるため、その点を防ぐための技術的な対策を講じることが必要です。また、生成AIを導入する際には、セキュリティ専門家を含むチームでリスク評価をおこない、脆弱性を事前に特定して対策を取ることが望まれます。

以上の2つの課題に対して共通する対策として、企業は、生成AIが出力するコンテンツに責任を持つ仕組みや明確なガイドラインやポリシーを設定し、全従業員に対してセキュリティ意識を高める教育をおこなうことも重要です。このように、生成AIの導入における倫理的な問題やセキュリティ対策は多岐にわたるため、人的な判断に基づいた総合的なアプローチが求められます。

企業が生成AIを導入するまでの4ステップ

気を付けなければならないポイントを理解し効果的に活用するためには、以下の4つのステップが重要です。

①現状分析と導入の目的を明確にする

生成AIを導入する際には、「何を達成したいのか?」という目的を明確にすることが不可欠です。具体的な目標がないまま導入を進めると、無駄なリソースを消費するだけでなく、期待していた効果が得られない可能性も高くなります。例えば、顧客対応の効率化を目指すのか、文章作成の質を向上させるのか、新製品のアイデアを生成するのかなど、自社の業務における課題や改善点などを洗い出し、具体的な目標を設定してください。生成AI導入の目的を社内で共有し、関係者の理解と協力を得ることが重要です。

②適切なツール選定と検証

目的を明確化したら、次に適切な生成AIツールを選び、導入前に十分な検証をおこないましょう。市場にはさまざまな種類の生成AIツールが存在するため、自社の課題やニーズに合ったツールを選択することが重要です。例えば、文章生成が必要であれば自然言語処理(NLP)に強いAI技術を、画像生成が求められるならばコンピュータビジョンに強い技術を選ぶことが重要です。無料トライアルなどを活用して、実際にツールを試して使い勝手や精度を確認しましょう。

③データの準備と学習

生成AIは、大量のデータを使って学習することで精度を高めます。そのため、AIに学習させるための適切なデータセットを用意することが重要です。高品質なデータにするために、不要なノイズや不正確な情報を取り除くデータクレンジングもしましょう。データの質が悪いと生成されるコンテンツの質も低くなります。データの準備には時間とリソースがかかることを考慮し、十分な計画を立てて実施することが大切です。

④継続的な改善と運用

生成AIは常に進化しているため、導入後も継続的に改善していく必要があります。AIの出力結果を定期的に確認し、必要に応じてパラメータ調整や学習データの追加をおこない、より効果的に活用できるよう努めましょう。また、現場での利用状況を分析し必要に応じて調整をおこなうことで、生成AIの恩恵を最大限に引き出すことができます。

生成AIは、適切な導入と運用によって、ビジネスのさまざまな場面で有効なツールとなりえます。上記を参考に、自社にとって最適な方法で生成AIを活用していきましょう。

生成AIツールを上手く活用するコツ3選

生成AIの力をより高めるために、いざ導入をする、無料トライアルをするといった際は以下の3つのコツを意識しましょう。

①具体的な指示を与える

生成AIは、曖昧な指示よりも具体的な指示を与えたほうが、より精度の高い結果を返してくれます。例えば、「商品のキャッチコピーを考えてください」という指示よりも「新発売の美容液のキャッチコピーを考えてください。ターゲットは20代後半の女性で、乾燥肌向けの美容液です。商品のポイントは、ヒアルロン酸配合で、しっとりとした使用感を実現していることです。」のように、具体的な商品情報やターゲット層、商品のポイントなどを伝えることで、AIはより的確なキャッチコピーを生成することができます。 

②複数回試行する

生成AIは、同じ指示を与えても、毎回異なる結果を返すことがあります。そのため、何度か試行して、最も良い結果を得られるようにしましょう。また、出力結果に対してフィードバックを与え、AIの学習を支援することで、より精度の高い結果を得られるようになります。

③他のツールと組み合わせる

生成AIは単独で利用するだけでなく、他のツールと組み合わせることで、より効果的に活用することができます。例えば、生成AIで作成した文章を、他のツールを使って校正したり、デザインツールを使って画像を作成したりすることで、より質の高いコンテンツを作成することができます。

最後に、生成AIツールを過信せず、人間の創造性と組み合わせることが大切です。AIはあくまでも補助的なツールであり、人間の創造性を完全に代替することはできません。AIの出力を参考にしつつ、人間ならではの感性や洞察力を発揮し、より価値の高いコンテンツを生み出していきましょう。

WowTalk AI:生成AIの力をビジネスチャットに

「WowTalk AI」は、AIの開発企業であるOpenAI社の大規模自然言語モデル「ChatGPT」を活用した法人用の生成AIチャットサービスです。ビジネスチャットであるWowTalkから、生成AIをご利用いただけます。

WowTalk AIの特徴

1. セキュリティとプライバシー保護に優れている

WowTalk AIはAPIを介した連携を採用しているため、入力されたデータが学習モデルに利用されることはありません。これにより、データのセキュリティが保護されています。また、管理者は従業員の生成AIの使用状況をリアルタイムで確認することができます。さらに、管理画面を通じて全社一括から部門単位まで、企業のニーズに合わせ生成AIの使用範囲を柔軟に設定可能です。

2. 利便性と手軽さ

WowTalk AIは、業務インフラである既存のチャットツールを通じて、どなたでも簡単に生成AIを活用できます。これにより、生成AIの利用が手軽になり、業務効率の向上が期待できます。また、PDFやPPTXファイルをそのまま登録できるため、学習データ用に特別に加工する必要がなく、データの登録が簡単におこなえます。

3. 自社専用AIの構築と透明性

WowTalk AIでは、チームと個人で利用できる生成AIに任意のデータを登録することができます。これにより、自社専用のAIとして幅広い業務に応用することが可能です。また、生成にあたって参照した文献がメッセージの最後に記載されるため、AIの出力の透明性が保たれます。ただし、この機能はチームと個人で利用できるAIのみに適用されます。

WowTalk AIの利用方法

1. チームで利用:全社員が共用できるAIチャットサービス

「チームで利用」するAIには、最大5つのオリジナルAIを作成・登録することができます。社内ITや人事労務など部署ごとにAIを作成し、よくある質問への自動回答、マニュアル作成、アンケート集計など、幅広い業務を効率化することができます。

具体的には、以下のようなことができます。

・人事AI:人事労務に関する問い合わせ対応をAIが自動回答

・情報シテムAI:社内ITに関する問い合わせ対応をAIが自動回答

・製品開発AI:製品に関する社内からの問い合わせ対応をAIが自動回答

WowTalk AIをチームで利用するイメージ画像

2. 個人で利用:自分専用のAIで業務をサポート

「個人で利用」するAIでは、ユーザー自らが学習データ(最大20個)を登録することで、AIを自分専用にカスタマイズすることができます。営業なら製品情報、テクニカルサポートなら過去の対応履歴などを登録し、個人の業務内容に特化した最適なサポートを提供します。

具体的には、以下のようなことができます。

・営業:自社製品の関連情報を登録し、自分専用の「製品開発サポート」として活用

・テクニカルサポート:過去対応履歴を資料化して登録し、いつでも引き出せる形で情報を蓄積

・マーケティング:業界の調査資料を登録し、情報収集の作業を効率化

WowTalk AIの自分専用AIイメージ画像

3. AIとトーク:多様な質問に論理的に回答

「AIとトーク」では、ユーザーからのさまざまな質問に対して、論理的かつ一般的な回答を生成します。大規模言語モデルに基づき、自然な文章を生成し、キャッチコピーやPR文などの文章作成にも活用できます。

例えば、以下のようなことができます。

・日常の業務で浮かんだ疑問についてAIに質問し、回答を得る

・報告資料用の文章作成時、文字数を指定してAIに文章を要約させる

・AIに役割を与え、プレスリリース用の文章の初稿を作成させる

WowTalk AIでトークするイメージ画像

ビジネスチャットで生成AIを使えるメリット

生成AIを業務で利用することにはさまざまなメリットがありますが、ビジネスチャット内で活用することの利点とは何でしょうか。 

まず、日常的に使用しているチャットツールと統合されるため、従業員は日常的に使い慣れたインターフェースを通じて手軽に生成AIを活用できます。これにより、AIの導入に対する心理的ハードルが下がり全社的な活用が促進されます。

また、全社員が共用できるAIスペースにて部署ごとに特化したAIを作成することで、各部門の業務効率の向上が期待できます。例えば、人事部門では従業員からの問い合わせに自動で回答するAIを作成し、情報システム部門ではIT関連の問題解決を支援するAIを導入するなど、それぞれの部門に最適化されたAIを活用することで、業務の生産性を大幅に高められます。

加えて、AIを用いて新たなアイデアを創出したり、議論を深めたりすることが可能になるためチームメンバー間のコミュニケーションの活性化やスピード感ある意思決定にも役立ちます。

以上のように、ビジネスチャットと生成AIの連携は、従来の業務プロセスを革新し、企業の競争力を強化する強力なツールとなるでしょう。

生成AIが使えるビジネスチャット「WowTalk」

WowTalk AI

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」は「誰でも簡単に扱えるシンプルな操作性」と「法人向けの管理機能」を兼ね備えたチャットコミュニケーションアプリです。

2014年のリリース以降、幅広い業種の企業に利用され、累計導入数は10,000社を突破。セキュリティが厳格な銀行業や大手企業でも導入されており、実績が豊富です。

“導入教育なし”で現場に利用を浸透させることが可能なため、リモートワークをしている企業や多くのパート・アルバイト従業員を抱える企業にも選ばれています。

生成AIの導入は、単なる技術革新にとどまらない、ビジネスそのものを変革する可能性を秘めています。その中でも、WowTalk AIは社内コミュニケーションを活性化し、業務効率を大幅に向上させる強力なツールとなりえます。

WowTalk AIの導入をぜひご検討ください。

※ワウテック株式会社は2023年9月1日にグループ会社であるキングソフト株式会社と合併いたしました。

WowTalk製品資料 導入実績10,000社を超えるビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」についてまとめた資料です。機能に関する具体的な説明の他、導入事例や導入効果、料金プランなどの情報も掲載しています。 資料をダウンロード

関連記事

  • セキュリティ観点で見るビジネスチャットの優位性。プライベートSNSの危険性とは
  • グループチャットツールの活用メリットとは?おすすめサービス5選
  • Talknoteが無料プラン<フリーミアム>のサービス提供を終了。2023年9月30日まで
  • LINEの業務利用にはどのようなリスクがある?事例付きで解説

3分でわかる、
WowTalk製品資料を無料ダウンロード!