営業員にiPadを配布、営業活動に関する情報発信ツールとして活用

【導入の背景・課題】
■ 営業員が外出先での業務伝達が難しく、迅速かつ確実な情報発信の方法が求められていた。
■ 電話を利用した伝達のため、各支店への情報発信にバラつきが発生している。

【導入後の効果について】
■ 証券に関する情報をWowTalkでリアルタイムかつ一斉に配信が可能になる。
■ 新型コロナウイルスの拡大により、当社においても隔日出勤時にはお客様対応のやり取りがWowTalkで円滑に進む。
■ 企業のIR情報や動画をURLで共有、営業員のノウハウアップと効率化を実現。


WowTalk製品資料ダウンロード

 

水戸証券株式会社は、東京都文京区に本社を置く関東地方を中心とした証券会社です。「水戸証券は、顧客・株主・社員にBESTをつくす企業でありたい」の経営理念のもと、オンラインが普及するなかでも、より人との繋がりを大切にする対面外交を中心に営業活動を進めています。

今回は、水戸証券株式会社 営業企画部長 兼 同業業務室長 松原 立郎 様、営業企画部 企画課長 渡邉 陽介 様にWowTalk導入の背景から利活用方法までを伺いました。

 

※当インタビューは、新型コロナウイルス対策として写真撮影のみマスクを外し、短時間で実施いたしました。

 

電話でのコミュニケーションに限界、各支店への伝達バラつきに問題視

水戸証券株式会社 営業企画部長 兼 同業業務室長 松原 立郎 様
水戸証券株式会社 営業企画部長 兼 同業業務室長 松原 立郎 様

 

― ワウテック担当者

ビジネスチャットの導入を検討されるにあたり、どういった背景があったのでしょうか?

 

— 水戸証券株式会社 松原 立郎 様(以下、「水戸証券 松原 様」)

WowTalk導入前は、情報収集や連絡事項の伝達には電話を使っていました。電話ですと、営業員がお客さまとの商談時にはどうしても対応することができないため、商談後にかけ直す必要があり、リアルタイムにコミュニケーションをおこなうことが難しい状況でした。

また、各支店へ情報へ伝達する際も、どうしても電話だと情報が行き渡るまでに時間を要してしまい、不便に感じることがありました。

 

― ワウテック担当者

WowTalkに選定いただいた時のお話をお聞かせください。

 

— 水戸証券 松原 様

2015年に営業員配布用にiPadを導入しました。その際に、代理店の方からWowTalkを紹介していただいたのがキッカケです。当時、導入を進めていた担当者に聞いてみると、ビジネス向けチャットツールの認知もまだ低く、数も少なかったそうです。その中でも、WowTalkはランニングコストが安価に抑えられ、社内だけのクローズな環境でコミュニケーションが可能な為、セキュリティ的にも安全に使えるという印象があったそうです。

 

WowTalk上で米国株国内店頭取引の停止情報をリアルタイムに共有

営業企画部 企画課長 渡邉 陽介 様
営業企画部 企画課長 渡邉 陽介 様

 

― ワウテック担当者

導入いただき、現在は具体的にどういった利用をされていますでしょうか?

 

— 水戸証券 松原 様

主に、本社各部門から営業部店への情報発信ツールとして活用しています。細かくなってしまうのですが、具体例としてはトーク上で銘柄レポートの配信、毎朝の市況解説、投信勉強会に関する開催案内、米国株国内店頭取引の停止情報をリアルタイムに共有しています。また、昨年からは会議の際にWowTalkのビデオ通話機能を活用しています。実際に対面で会議をおこなう時、会議を設定して部屋を準備して…と畏まってしまうこともありますが、WowTalkのビデオ通話なら気兼ねなく会議をおこなうことができるようになりました。

 

― ワウテック担当者

ありがとうございます。WowTalkを使用する上で、何かルールを設けていますでしょうか?

 

— 水戸証券 松原 様

セキュリティ担保のため、社内貸与のiPadのみでWowTalkを使用しており、個人のスマートフォンでの使用は認めておりません。また、お客様やお取引先の個人情報について、WowTalk内で伝達しないよう周知しています。

 

企業IR情報動画を営業員へ共有、理解度やプレゼンスキルの向上を目指す

水戸証券 松原様がお話しされている様子

 

― ワウテック担当者

WowTalkを活用される中で、導入前と比べて改善したことは何かありますか?

 

— 水戸証券 松原 様

例えば、米国株国内店頭取引の停止情報は随時変更があるため、リアルタイムで営業員に通知する必要があります。以前は、そういった情報は電話での伝達をおこなっていたのですが、WowTalkで一斉に通知することで、タイムリーに対応をすることができるようになりました。また、銘柄レポートや企業のIR動画のURLを直接WowTalkへ貼り付けることにより、それを各営業員がアクセスし最新の情報を収集することができ、効率化に繋がっていると感じています。証券会社という業務柄、正確な情報が一斉にかつ均一、タイムリーに伝達することが大切だと思うので、それをWowTalkを活用して実現できていると思います。

 

— 水戸証券株式会社 渡邉 陽介 様(以下、「水戸証券 渡邉 様」)

私自身のエピソードでいいますと、新型コロナウイルスの拡大時には、隔日勤務をせざるを得ないシーンでWowTalkが活躍しました。そのときは埼玉の支店に配属されていたのですが、営業員がお客様対応が全くできない状況でした。中々連絡が取りづらい中でも、案件についての細かい情報交換でWowTalkは非常に便利だったと感じます。

 

― ワウテック担当者

今後、どのようにWowTalkを利用していきたいと考えていますか?

 

— 水戸証券 松原 様

先ほど申し上げた通り、各企業のアドレスや投資情報に関する動画をWowTalk上で共有をしています。それにより、営業員の理解度やプレゼンスキルの向上、社内でのセールスの標準化に繋がることを期待しています。WowTalkは1つのツールであり、社会変化に合わせて、より有効活用できる方法を検討してきたいと考えています。

 

 

水戸証券株式会社 様のインタビュー記事は、以上となります。

インタビューにご対応いただいた、水戸証券株式会社 松原 様、渡邉 様 ご多忙のところお時間、そして貴重なお話を頂戴し、誠にありがとうございました。今回のインタビューを通じて頂いた情報・ご意見を、今後のサービス品質の向上等に役立てていきたいと考えています。引き続き、何卒宜しくお願いいたします。

 

水戸証券株式会社 ホームページキャプチャ

水戸証券株式会社

代表取締役社長:小林 克徳

住所:
〒112-0002 東京都文京区小石川一丁目1番1号

URL:https://www.mito.co.jp/

 


WowTalk製品資料ダウンロード