農業労働力支援のためのコミュニケーションツールとしてWowTalkを採用!

【導入の背景・課題】
■ 2019年、沖縄県が国家戦略特区に指定されたことを受け、農業分野における外国人材の派遣事業を開始
■ 「農業者」「外国人就農者(派遣人材)」「JA沖縄中央会」の3拠点を結ぶコミュニケーションツール導入のため

【サービス選定のポイント】
■ 電話だけでなくメッセージとして記録が残るツールであること
■ 代理店からの導入に向けた手厚いサポート

【具体的な活用例】
■ 外国人就農者への全体周知の情報共有
■ 農家の方々との外国人就農者の労務管理のやり取り


WowTalk製品資料ダウンロード

 

沖縄県農業協同組合中央会は、沖縄県那覇市に本部を置き、沖縄県農協及び専門農協を支えている農業組合組織です。近年、沖縄県農業協同組合中央会をはじめとしたJAグループ沖縄では、海外からの外国人就農者の受け入れを積極的におこなっています。

今回は、沖縄県農業協同組合中央会 農業労働人材支援センター 屋良 尚志 様からWowTalkの導入背景から利活用方法までを伺いました。

 

※当インタビューは、新型コロナウイルス対策として、オンラインでおこないました。写真撮影のみマスクを外し短時間で実施いたしました。

 

外国人就農者とのコミュニケーションツールを整備

沖縄県農業協同組合中央会 農業労働人材支援センター 屋良 尚志 様
沖縄県農業協同組合中央会 農業労働人材支援センター 屋良 尚志 様

 

― ワウテック担当者

ビジネスチャットの導入を検討されるにあたり、どういった背景があったのでしょうか?

 

— 沖縄県農業協同組合中央会 農業労働人材支援センター 屋良 尚志 様(以下、「沖縄県農業協同組合中央会 屋良 様」)

沖縄県内の農業労働力支援の一環として、2019年より国家戦略特区事業を活用し、海外からの外国人就農者の派遣を開始しました。私自身は、農業者と外国人就農者の派遣マッチングから労務管理、外国人就農者の生活環境の整備等を担当しています。

外国人就農者には業務用スマートフォンを配布し、日頃の連絡体制の構築はもちろん、就業地における出退勤打刻も行ってもらいます。そのなかで、ビジネスチャットは、日本の通信回線を持たない「外国人就農者」と「派遣先(農業者)」「JA沖縄中央会」の3拠点がしっかり連絡を取ることができるという目的で導入に至りました。

 

農家の方々にもIDを配布、3拠点を結ぶツールとしてWowTalkを活用

沖縄県農業協同組合中央会の従業員の方が、屋良様とともにPCに向き合い、業務を進められている様子

 

― ワウテック担当者

数あるビジネスチャットツールの中から最終的にWowTalkを選んでいただいたキッカケや決め手などはありますでしょうか?

 

— 沖沖縄県農業協同組合中央会 屋良 様

業務用スマートフォン導入の際に、ドコモ代理店の担当者から紹介いただいたのがキッカケです。他のビジネスチャットも3社ほど検討にあがりました。しかし、金額面で難しかったり個人SNSと連携されてしまうツールもあったので、最終的にWowTalkの導入に至りました。あとは、電話だけでなくきちんとメッセージとして通知が残るツールというのも安心できるポイントです。また、ドコモの担当者の方が、導入の際にWowTalkの研修を開催してくれるなど、手厚いサポートも良かったです。

 

― ワウテック担当者

ありがとうございます。導入いただき、現在はどのようにWowTalkのアカウントを付与して運用されていますでしょうか?

 

— 沖沖縄県農業協同組合中央会 屋良 様

沖縄県農業協同組合中央会の職員、外国人就農者、農業者の方にアカウントを付与しています。農業者の方々には「連絡手段はWowTalk上でおこなう」「連絡手段として必須ツール」ということを予め周知しており、各個人携帯にダウンロードをお願いしています。必要に応じて、WowTalk用のモバイル端末の貸出もおこなっています。

 

情報の一斉共有から、労務管理に関する情報をWowTalkでやり取り

建物の前で並んで写られている様子

 

― ワウテック担当者

現在の具体的な活用方法を教えていただけますか?

 

— 沖沖縄県農業協同組合中央会 屋良 様

「トーク」と「共有」の機能をメインに使っています。外国人就農者の方々は、生活習慣や文化も異なりますので、日常生活におけるトラブル等への注意喚起のため利用しています。

また、定期面談日時の周知や、年末調整等に必要な書類の準備依頼や提出期限などは共有機能を使って周知をするようにしています。農家の方々には、現場の労務管理としてタイムカードの画像やデータをWowTalkで送っていただき、外国人就農者本人が打刻した情報との照合を行っております。

 

― ワウテック担当者

今後、どのようにWowTalkを利用していきたいと考えていますか?

 

— 沖沖縄県農業協同組合中央会 屋良 様

私自身、他県のJAの方から、外国人材の派遣について質問を受ける機会があるのですが、「まず何を準備したらいいか」と聞かれたときに「沖縄県ではまずこういった取り組みをしています」というような、今日お話させていただいたWowTalkを含めて説明させていただいています。離島地域を含め沖縄県全域を対象にした派遣を展開していますので、何かと郵送とかだと時間が掛かってしまうこともあるので、こういったビジネスチャットを使うと早いといった具体的な例を伝えることで、他の同業の組合にも広がっていったらいいなと感じます。

 

沖縄県農業協同組合中央会 様のインタビュー記事は、以上となります。

インタビューにご対応いただいた、沖縄県農業協同組合中央会 屋良 様 ご多忙のところお時間、そして貴重なお話を頂戴し、誠にありがとうございました。今回のインタビューを通じて頂いた情報・ご意見を、今後のサービス品質の向上等に役立てていきたいと考えています。引き続き、何卒宜しくお願いいたします。

 

JAokinawa-6

沖縄県農業協同組合中央会(JA沖縄中央会)

代表理事会長:大城 勉

住所:
〒900-0025 沖縄県那覇市壺川2-9-1(JA会館8F)

 


WowTalk製品資料ダウンロード