担当社員・工場間での写真共有で、スケジュール組みがスムーズに!

【導入の背景・課題】
■課題1:統一したルールがなく、人によって伝達方法にバラつきがあった
■課題2:電話やメール、無線といったアナログなコミュニケーション

【サービス選定のポイント】
■ シンプルな操作性が社内に取り入れやすかった
■ 写真を送付するシーンが多く、ストレスなくやり取りがおこなえた

【導入後の効果について】
■ 商品の写真をWowTalkで送付することで、工場と事前にスケジュールを組むことができるようになった
■ 各工場の機械のトラブルを全社員へ一斉周知が可能に


WowTalk製品資料ダウンロード

 

リヒト精光株式会社は、金属の真空熱処理及び同社独自開発の表面処理である「エジソンハード処理」の受託加工をおこなっている。次世代の熱処理技術を開発するとともに、実用化を追い求め、その成果を歴史ある京都から発信をしています。

今回は、リヒト精光株式会社 取締役/専務執行役員 天早 享介 様、生産技術部 部長代理 森 茂泰 様にWowTalk導入の背景から利活用方法までを伺いました。

 

※当インタビューは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用かつ、ソーシャルディスタンス形式で行い、写真撮影のみマスクを外し短時間で実施いたしました。

 

各社員ごとに伝達手段にバラつきがあり、会社として統一したルールがなかった

リヒト精光株式会社  取締役/専務執行役員 天早 様リヒト精光株式会社 取締役/専務執行役員 天早 様

 

― ワウテック担当者

ビジネスチャットの導入を検討されるにあたり、どういった背景があったのでしょうか?

 

— リヒト精光株式会社 取締役/専務執行役員 天早 享介 様(以下、「リヒト精光 天早 様」)

これまでの社内でのコミュニケーション、情報共有は電話やFAX、メールでのやり取りが主でした。特に会社として統一したルールは設けておらず、メールに画像を添付して送信したり、紙に絵を書いたり、伝票に伝えたいことを直に書いてFAXをしたり、人によって伝達方法に違いがありました。

また、一部の部署間では個人向けSNSを利用していたところもあるようですが、個人のアカウントを業務上で使うことに懸念点もありましたので、スマートフォンに社用携帯を変更する際にビジネスチャットの導入も決めました。

 

― ワウテック担当者

数あるビジネスチャットから、WowTalkに決めていただいた背景を詳しく教えてください。

 

— リヒト精光株式会社 生産技術部 部長代理 森 茂泰 様

WowTalkは代理店の営業の方にご紹介いただいき導入をしたのですが、当初別のサービスとも比較しており、私の方で既に無料版のサービスをトライアルをおこなっておりました。

特に、弊社の場合は写真を添付して送ることが多いので、WowTalkも試してみたところストレスもなくスムーズにおこなえました。他のサービスは慣れていないと細かくて難しいところもあったので、シンプルに使えるというところがWowTalkに決めたポイントです。

 

お客様情報/商品管理をWowTalk上でリアルタイムに共有

リヒト精光株式会社 生産技術部 部長代理 森 様リヒト精光株式会社 生産技術部 部長代理 森 様

 

― ワウテック担当者

導入いただき、現在は具体的にどういった利用をされていますでしょうか?

 

— リヒト精光 天早 様

営業の社員間同士、また営業と事務所でのコミュニケーションツールとして利用しています。WowTalkを使って、お客様の情報や問い合わせ内容を共有したり、工場に対しては、トークに写真を添付して「この商品どこにある?」という商品管理についてのやり取りをおこなっております。

工場との連絡では、品物についての問い合わせや伝票をFAXで流していたものを、工場に設置されている端末宛てに写真を送って確認してもらうということもあります。

後は、お客様から「今日預けたい品物があるので引取りに来て欲しい」といった連絡が営業所に入るので、WowTalkで各営業担当に伝達しています。WowTalk導入以前は電話だったり、無線でその連絡をおこなっていました。

 

写真を事前共有することで、工場の段取りがスムーズに!

天早 様が話されている様子

 

― ワウテック担当者

WowTalkを活用される中で、導入前と比べて改善したことは何かありますか?

 

— リヒト精光 森 様

弊社では、金属部品や金型部品の熱処理加工をおこなっています。そのため、京都から愛知などの東海地区まで、お客様の元から商品の引取りと納品をおこなっており、担当者は朝出発してお客様から商品を預かり、夕方営業所へ戻ってくるというスケジュールを組んでいます。

WowTalkを導入してから、お客様からの商品の引取り時にWowTalk上で写真を撮って工場に送ることで、工場側も今後の対応が事前に組めるようになりました。今までは、夕方戻ってきてから実際に品物を工場に渡して段取りを組むという流れだったので、業務効率化というところに繋がりました。

 

― ワウテック担当者

WowTalkで活用している機能などありますでしょうか?

 

— リヒト精光 天早 様

トークと共有機能がメインです。共有機能では、例えば各工場で機械のトラブルが起きた際に一斉周知をし、お客様に納期の調整をしていただいたり、リアルタイムに全員に知らせたいときに使っております。

 

― ワウテック担当者

今後、どのようにWowTalkを利用していきたいと考えていますか?

 

— リヒト精光 森 様

写真を撮ってWowTalkへ送るというのが便利な反面、まだまだ全員が慣れていない部分もあり、とりあえず電話を掛けるという者もおります。私たちも積極的に写真を送るようにはしていますが、「誰が積極的に発信している」「誰が受け身になっているか」の集計が通話・トーク共にもっと細かくわかるようになれば良いと感じています。

 

リヒト精光株式会社 様のインタビュー記事は、以上となります。

インタビューにご対応いただいた、リヒト精光株式会社 天早 様、森 様ご多忙のところお時間、そして貴重なお話を頂戴し、誠にありがとうございました。今回のインタビューを通じて頂いた情報・ご意見を、今後のサービス品質の向上等に役立てていきたいと考えています。引き続き、何卒宜しくお願いいたします。

 

リヒト精光株式会社 ホームページ キャプチャ画像

 

リヒト精光株式会社

代表取締役社長:藤田 英人

事業内容:
・金型の熱処理加工

住所:
〒601-8135 京都府京都市南区上鳥羽石橋町19-1

URL:https://lichtseiko.co.jp/


WowTalk製品資料ダウンロード