グループウェアでは難しい、リアルタイムなやり取りをWowTalk上で実現!

【導入の背景・課題】
■ グループウェアでは難しい「リアルタイム」なやり取りの実現
■ 交雑した連絡機器からスマートフォンへ統一のため

【サービス選定のポイント】
■ 個人SNSに近しい使用感/ユーザーインターフェース
■ セキュリティを担保できるツールであること

【導入後の効果について】
■ 写真の共有やビデオ通話の活用で緊急性のある情報をスムーズに共有が可能になった
■ 連絡先を知らない社員間でも、WowTalkから検索することで密なコミュニケーションを実現


WowTalk製品資料ダウンロード

 

日本クッカリー株式会社は、コンビニエンスストアのチルド食品・お弁当・冷やし麺などの製造をおこなっています。

コンビニエンスストアへの商品の供給を通して、より手軽に便利に、楽しく美味しく日本の食卓を彩りたいとの思いから 「日本の調理室」すなわち「日本クッカリー」と名付けられました。

今回は、日本クッカリー株式会社の事業本部 製造部 1課 成川 明宏 様からWowTalkの導入背景から利活用方法までを伺いました。

 

※当インタビューは、新型コロナウイルス対策として、オンラインで行いました。写真撮影のみマスクを外し短時間で実施いたしました。

 

グループウェアではリアルタイム性の高いやり取りが課題に

日本クッカリー株式会社の事業本部 製造部 1課 成川 明宏 様
日本クッカリー株式会社の事業本部 製造部 1課 成川 明宏 様

 

― ワウテック担当者

ビジネスチャットの導入を検討されるにあたり、どういった背景があったのでしょうか?

 

— 日本クッカリー株式会社 成川 明宏 様(以下、「日本クッカリー 成川 様」)

PCでのみ使えるグループウェアを導入しており、弊社の各工場間や工場内ではその中に搭載されているメール機能でやり取りを行っていました。グループウェアとしては非常に便利なのですがオンタイムで情報をキャッチアップすることができず、チャット感覚でスピーディーなやり取りができるツールを求めていました。

 

― ワウテック担当者

コミュニケーション上の課題について詳しく教えていただけますか?

 

— 日本クッカリー 成川 様

社内のグループウェアのメッセージ機能ですと、受け取ったメッセージが上に蓄積されていくような仕様になっているので、わざわざ未読のメッセージまでスクロールをしないといけない煩わしさがありました。緊急を要する際は、「早く相手に確認をしてもらいたい」という思いがあるので、チャット形式が理想でした。

また社内のグループウェアでは、セキュリティの観点から外部端末からのアクセスを制限しています。そのため現場の画像を送りたいときは一度デジカメに撮ってそれをパソコンに取り込み、グループウェアに送信するという作業が必要で非常に手間が掛かると感じていました。

 

各業務で異なる連絡手段を使用、スマートフォンに統一へ

スマートフォンからWowTalkを実際にご利用いただいている様子

 

― ワウテック担当者

数あるビジネスチャットツールの中から最終的にWowTalkを選んでいただいたキッカケや決め手などはありますでしょうか?

 

— 日本クッカリー 成川 様

元々外部とのやり取りのために社員へガラホを貸与していました。それに加えて現場内ではインカム無線機、転送された電話を受けるための携帯など、様々な連絡手段が交雑していました。そのためスマートフォンにすべて集約したいということと、先ほど申し上げたリアルタイムでやり取りができるツールを検討しているときにWowTalkを紹介いただいたのがキッカケです。

 

― ワウテック担当者

ありがとうございます。導入いただき、現在は具体的にどういった利用をされていますでしょうか?

 

— 日本クッカリー 成川 様

最初は弊社の小牧工場でテスト的に運用を始め、各拠点に展開をしていきました。外出の多い社員もいるので出先からメッセージを送ったり、緊急性の高い問題が起きた際は自宅から連絡をしたりと自由に使ってもらっています。

 

― ワウテック担当者

他にも具体的な活用方法はありますか?

 

— 日本クッカリー 成川 様

現在、WowTalkのアカウントはほとんどの社員に付与をし、スマートフォンからWowTalkにログインをして活用をしています。活用シーンとしては、「今日工場ではこんなことがあった」「機械のこの部分で異常発生があった」というような報告を画像を添付して残しておくようにしています。休みだった人はあとからWowTalkを確認することで現場の状況を一目で把握することができます。

また緊急時にはWowTalkのビデオ通話機能を使って機械をうつしながら不具合箇所を見てもらうということもあります。

 

個人間でのやり取りがスムーズに!全社員向けの連絡は共有機能を活用

日本クッカリー様の事業所外観

 

― ワウテック担当者

WowTalkを活用される中で、導入前と比べて改善したことは何かありますか?

 

— 日本クッカリー 成川 様

スムーズに個人と連絡が取れるようになりました。300人程社員がいますが各人連絡先を知っている訳ではないので、「〇〇さんとやり取りしたいな」というときに電話番号を知らなくても「メンバー」から名前を検索をするだけで通話を掛けることができて非常に助かっています。

 

― ワウテック担当者

トーク以外の機能は活用されていますでしょうか?

 

— 日本クッカリー 成川 様

以前、通信キャリアで障害が起きた時にWowTalkは通常通り使用できたのでメッセージを送ることが出来ました。共有機能は全使用者に向けて情報を発信できるので便利です。

 

日本クッカリー株式会社 様のインタビュー記事は、以上となります。

インタビューにご対応いただいた、日本クッカリー株式会社 成川 様ご多忙のところお時間、そして貴重なお話を頂戴し、誠にありがとうございました。今回のインタビューを通じて頂いた情報・ご意見を、今後のサービス品質の向上等に役立てていきたいと考えています。引き続き、何卒宜しくお願いいたします。

 

日本クッカリー株式会社

日本クッカリー株式会社 ホームページ キャプチャ画像

 

代表取締役社長:鈴木 恵里子

住所:
〒141-0022 東京都品川区東五反田2-20-4 NMF高輪ビル5F

URL:http://www.cookery.co.jp/

 


WowTalk製品資料ダウンロード