求職者も求人企業も満足のいく「場」を提供したい

SBヒューマンキャピタル株式会社(以下、SBヒューマンキャピタル)は、ソフトバンクグル―プ唯一の人材サービス事業会社として、掲載案件数業界トップクラスを誇る「イーキャリア」ブランドを掲げた3つのポータル転職情報サイトの運営、人材紹介、教育関連・マーケティング支援などを主な事業としています。

今回は、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワゥトーク)」を人材紹介会社間の相互情報共有およびアライアンス推進を目的として導入いただいた経緯と、活用法、今後の展開について、エージェント事業本部 清田様にインタビューさせていただきました。

sbhuman_1

 

導入前の課題・背景

・人材紹介との情報共有において、メールや電話では手間と時間がかかっていた
・リアルタイムに情報交換できるプラットホームを創りたい

まず背景として、サービス開始から13年を経た転職・求人サイト「イーキャリアFA」のリニューアル企画がありました。このリニューアルに伴い、人材紹介会社の相互情報共有およびアライアンス機能を追加するため、スピーディかつ安全に情報共有できるツールを探していました。
これまでは、紹介会社への連絡もメールや電話を使用していましたが、一斉送信が会社のルール上できないため、定期的な連絡や一斉に開示したい情報のやりとりには手間と時間がかかっていました。

 

手間をかけるところを絞る。大事なのはスピード感。

活用方法

・パソコン、スマートフォン、タブレットを活用しスピード感あるやり取りが可能に
・人材紹介会社にプラットホームを提供し、場所を問わずアライアンス求職者情報を安全に共有

人材業界では、求人数が増えてはいるものの、優秀な求職者の方が不足している現状があります。
紹介会社様は、求職者と求人企業にとって最適なパートナーを見つけ、紹介することが使命ですが、少しでもタイミングを逃してしまうと、紹介が成り立たないケースが多々あります。優秀な人材を取りこぼすことなく、お互いが満足できるような転職活動をサポートするためには、ある程度手間をかけることが必要です。しかし何より大切なのは「スピード感」なんです。人材紹介は0か100かのサービスなので、スピード感が非常にシビアに問われます。
そこで、「WowTalk」を導入し、中長期的なビジネス施策として人材紹介会社間のアライアンスサービスを立ち上げました。
具体的には全国の人材紹介会社、約100社にアカウントを提供し、「タイムライン(掲示板)」機能を活用したリアルタイムな情報共有に利用しています。

【例】
①求職者の情報を一部「タイムライン」に投稿
(個人情報は含まない、年齢、経験職種や希望職種などの概要)
②(紹介会社は)推薦できそうな求人があるか無いかコメントを残す
③(求人があると回答のあった紹介会社へ)個人情報の含まれないレジュメを共有
④紹介会社から別途 求人票を送ってもらう
⑤求職者応募同意のもと、メールで正式な求職者のレジュメを紹介会社へ送付

以上のフローを「WowTalk」を活用し行っています。

ポイントは、スマートフォンやタブレット、パソコンなど、端末を選ばず複雑な操作を介さずに情報を共有・閲覧できることです。やはり、メールだと相互のレスポンスも遅くなってしまいますし、Pマークを取得している弊社では、簡単に情報を一斉メールできないので、社内ポータルの掲示板のように視覚的にもわかりやすく情報共有できるのは大きな利点でした。

 

導入効果と今後の展望

・紹介会社間との接点が増え、新規案件創出に結びついた

今は、繋がりのある紹介会社のおよそ3分の1が「WowTalk」利用に賛同し取り入れてくださっています。使い方も使用上のルール以外、説明がいらないぐらい分かりやすい操作性なのでスムーズに導入できています。
「WowTalk」を利用していただいている会社の方が、案件も多く創出できています。たとえば大阪の求職者の方が東京で仕事を探していたケースでは、「WowTalk」のタイムラインをご覧になった東京の紹介会社様が求人案件をご提示し、早いタイミングで求人企業のご紹介に結び付きました。
これまでであれば求職者が大阪の紹介会社様に相談をした場合、東京の案件を保有している紹介会社様を探すか、ご紹介をお断りするしかありませんでした。
「WowTalk」の活用によって、取りこぼしのない紹介が可能になり、成約数も増えています。

また、紹介会社同士、パートナーとして仕事ができるようになり、信頼関係も強まっていると感じます。今後はさらに紹介会社間で求職者の共有ができる「場」に成長させて、紹介会社にとってより有益なサービスにしていきたいです。
sbhuman_2
SBヒューマンキャピタル株式会社
http://www.softbankhc.co.jp/
設立:1999年9月
事業内容:転職情報サイトの開発および運営
人材紹介事業、教育関連事業
人材採用特化型マーケティング支援事業
プロスポーツ選手のセカンドキャリア支援事業
地方創生支援事業
代表取締役社長:木崎 秀夫
本社:東京都港区六本木2-4-5 六本木Dスクエア(旧ビル名:興和六本木ビル)3F

 

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」 資料請求はこちら

document_dl-04