海外拠点とのやり取りがWowTalkですべて完結に!

【導入の背景・課題】
■ 中国をはじめ、海外拠点のメンバーとのコミュニケーション方法に課題を感じていた
■ 携帯電話での通話や、SMSメールでのコミュニケーションの限界

【サービス選定のポイント】
■ 社員が利用するにあたり、使い勝手が良くシンプルであること
■ スタンプの送信ができたり、良い意味でカチッとし過ぎていないツール
■ 全社員が利用しても低コストで運用できるコスト感

【導入後の効果について】
■ 海外拠点とのコミュニケーションは、ほぼWowTalkで完結できるようになった
■ 社員間のコミュニケーション活性化とスピード感の向上


WowTalk製品資料ダウンロード

 

シロカ株式会社は、「ていねいに、うつくしく、こだわって。」を企業テーマに、調理家電・生活家電・季節家電を中心とした自社企画製品の開発から卸販売までを手掛けるビジネスを展開しています。主力製品の全自動コーヒーメーカーや電気圧力鍋、すばやきトースター、ホームベーカリーは、シリーズで大ヒットとなり現在目覚しい活躍を見せる気鋭のメーカーです。

今回は、シロカ株式会社 営業本部 営業本部長/カスタマーサポート本部 本部長 太田 佐斗志 様、営業本部 シニアリーダー 西田 駿介 様からWowTalkの導入背景から利活用方法までを伺いました。

 

※当インタビューは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用かつ、ソーシャルディスタンス形式で行い、写真撮影のみマスクを外し短時間で実施いたしました。

 

通話やSMSメッセージでのやり取りに限界を感じていた

営業本部 営業本部長/カスタマーサポート本部 本部長 太田 佐斗志 様と、営業本部 第2営業部 第2営業グループ シニアリーダー 西田 駿介 様
写真左から、営業本部 営業本部長/カスタマーサポート本部 本部長 太田 佐斗志 様
営業本部 第2営業部 第2営業グループ シニアリーダー 西田 駿介 様

 

― ワウテック担当者

ビジネスチャットの導入を検討されるにあたり、どういった背景があったのでしょうか?

 

— シロカ株式会社 営業本部 営業本部長/カスタマーサポート本部 本部長 太田 佐斗志 様(以下、「シロカ 太田 様」)

製品の製造に関わる拠点が海外あるため、現地法人のメンバーとのコミュニケーションはテレビ会議や個人向けSNS、メール等を利用していました。しかしながら、個人向けSNSでは業務上で使用するにはセキュリティ面に懸念がありますし、海外では国によってネットワーク状況や利用できるツールが限られる場合があり、安定して利用できるコミュニケーションツールが必要でした。

また、国内拠点では社員同士のコミュニケーションは主に電話とSMSメールを利用していたのですが、スピード感に欠けてしまうところなど課題が多くありました。

 

― ワウテック担当者

WowTalkを選定いただいた時のお話をお聞かせください。

 

— シロカ 太田 様

今回導入の際に他社製品との比較はしていませんが、デモ画面を見て直ぐに利用できるようなシンプルな見た目は、全社展開する上で重要なポイントになりました。既にメール等のコミュニケーションツールがある中で、新たなツール導入の際は社内浸透には課題があると感じていましたが、機能・見た目もシンプルなWowTalkならば直ぐに活用が進むと感じました。

また、スタンプ機能があることなど、良い意味でカチッとし過ぎていないツールであるということも選定の理由でした。

 

― ワウテック担当者

他にも何か決め手となったポイントはありますか?

 

— シロカ 太田 様

ビジネスチャット導入の際に、コストもできる限り抑えたいという気持ちがありました。WowTalkは必要な機能を網羅しつつリーズナブルな価格設定、想定予算内でのコストで運用する上でも問題ないと思いました。

 

「皆の目となって」売り場の様子を画像で共有

シロカ株式会社の製品が並ぶ様子

 

― ワウテック担当者

WowTalkの具体的な活用方法を教えていただけますか?

 

— シロカ 太田 様

先ほどお伝えした通り、海外の拠点で働くスタッフにもWowTalkのIDを付与し、日本からの調達や物流の部署の担当者が、納期の調整などのためトークでやり取りをおこなっています。以前は、テレビ会議システムを利用していましたが、会議室の利用状況によって、やり取りに遅れが生じることに課題がありました。現在、この部分はWowTalkの無料通話機能とビデオ通話機能を利用して、安定的にやり取りができるようになりました。

また、自社の製品をメディアや雑誌に取り上げていただくことも多々あるのですが、毎日広報から「メディア掲載情報」がWowTalk上で共有されます。社員のモチベーションアップにも繋がるので、良い取り組みだと感じています。

 

― ワウテック担当者

他に活用方法をお伺いできますか?

 

— シロカ株式会社 営業本部 シニアリーダー 西田 駿介 様(以下、「シロカ 西田 様」)

量販チームでは、家電量販店などの売り場の写真をWowTalkで共有しています。全員が売り場にいる訳ではないので、「皆の目となって」現場の様子を共有するようにしています。

 

WowTalkの活用で、業務スピードの向上と社員同士の距離感が縮まったことを実感

シロカ株式会社の製品が並ぶ様子(コーヒーマシン)

 

― ワウテック担当者

WowTalkを活用される中で、導入前と比べて改善したことは何かありますか?

 

— シロカ 太田 様

導入前は、海外拠点とコミュニケーションを取る機会がそこまで多くなかったのですが、今ではテレビ会議の時以外でも常にトークやグループトーク、タイムラインで気軽にコミュニケーションを取れるようになりました。結果的には、業務スピードの向上と社員同士の距離感を縮めることに繋がっています。

また、WowTalkではセキュリティ面がきちんと担保されているため、普段から使い慣れている個人SNSのような、ライトでスピード感のある業務連絡が実現できるようになりました。個人的には、ユーザー毎の既読/未読表示は特に重宝しています。

 

― ワウテック担当者

ありがとうございます。WowTalkを使用する上で、何かルールを設けていますでしょうか?

 

— シロカ 太田 様

営業本部では、プライベートとの切り分けを図るため、土日祝と夜22時以降は緊急時を除いてトークを送ることを控えるようにしています。また、ビジネスチャットがライトに使えるツールとは言えども、最低限のビジネスマナーや発言ルールを守るように社員一人一人が心がけています。

 

シロカ株式会社 様のインタビュー記事は、以上となります。

インタビューにご対応いただいた、シロカ株式会社 太田 様、西田 様ご多忙のところお時間、そして貴重なお話を頂戴し、誠にありがとうございました。今回のインタビューを通じて頂いた情報・ご意見を、今後のサービス品質の向上等に役立てていきたいと考えています。引き続き、何卒宜しくお願いいたします。

 

シロカ株式会社 ホームページキャプチャ

シロカ株式会社

代表取締役:金井 まり

住所:
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2丁目4番地 東京建物神保町ビル5階

URL:https://www.siroca.co.jp/corporate/

 


WowTalk製品資料ダウンロード