お問い合わせ

購入検討

03-5797-7393
お問い合わせフォーム

ユーザーサポート

操作・設定など、ご利用開始後のサポート窓口
www.wowtalk.jp/support/

03-5797-7399
受付時間(土日祝除く)
10:00~12:00
13:00〜17:00

資料

製品資料ダウンロード

閉じる

ブログ

  • cloud-1

クラウドサービスとは?簡単にわかる基礎知識をわかりやすく解説!

営業やマーケティング、人事や経理などバックオフィスまで、あらゆる業務に対応したクラウドサービスが登場しています ... 続きを見る

2018年9月21日|
  • businesschat-merit-1

安全で効率的!ビジネスチャットを利用する4つのメリット

業務中の社内外のコミュニケーションで困ったことはありませんか? 「口頭で説明したけれどニュアンスしか伝わ ... 続きを見る

2018年9月13日|
  • chat 6security

ビジネスチャット導入の際に最低限確認しておきたい6つのセキュリティ項目

ビジネスチャットをご利用中またはご検討中の皆さん、こんにちは。 今回はビジネスチャットを導入する際に最低 ... 続きを見る

2017年5月30日|
  • mainiti

ビジネスメールの定型文はどれくらい時間の無駄?【調査結果付き】

ビジネスメールといえば定型文。

「いつもお世話になっております」
「お疲れ様です」
「何卒、よろしくお願いいたします」

何気なく利用する”ビジネスメールの定型文ってどれだけの作業時間を消費しているの?”
という疑問……

そして一度考えたが最後、気になって気になってしょうがない!そこで、社内のメンバーでどれくらいの無駄な時間が発生しているのかを調査してみました。調査結果は記事の最後でご紹介します!

2017年2月22日|
  • LINE_risk_1

LINE(ライン)の業務利用が危険な理由とは?企業が連絡や情報共有にLINEを利用する5つのリスク

いま、もっとも身近なコミュニケーションツールのひとつと言える『LINE』。

簡単にメッセージのやり取りができたり、かわいいスタンプがあったり、画像をシェアできたりと、とにかく便利ですよね。その便利さを知ってるからこそ、社内で社員間の連絡や情報共有/業務にも使っている!……という方もいるのではないでしょうか?

実は、プライベートで使っている「個人アカウント」の業務利用には、とんでもなく恐ろしいリスクが潜んでいるんです。

LINEを業務利用する上での注意点、5つのリスクを挙げてみましょう。

▼ビジネスチャットのメリットとは?▼
本当に安全?ビジネスチャット4つのポイントを解説

2017年2月1日|
  • 20161121_stamp

実は名前があるんです! WowTalkのスタンプの名前全公開

こんにちは、WowTalkでスタンプ管理人を担当している中山です。 先日、11 ... 続きを見る

2016年11月30日|
  • 20161121_T

【活用術】社内コミュニケーションのお悩みはビジネスチャットで即解決

仕事において、コミュニケーションを円滑にとることは、タスクやプロジェクトの成功を左右するほど重要なこと。 ... 続きを見る

2016年11月22日|
  • file00_20161107

【機能解説】 ファイルを一覧表示 さらに管理しやすく!

ビジネスチャットWowTalkをもっと便利に使っていただくための機能をご紹介します。 過去に送受信された ... 続きを見る

2016年11月1日|
  • 1473216402

【機能解説:メンション機能】グループトークで特に読んでほしい人へ明確に通知したい!

WowTalkで「メンション」機能が使えることをご存知ですか?

会議や外出、休暇等で少し目を離した隙に、グループトークがどんどん進行してしまっていて、自分/他人からの指示や確認が流れてしまって困っているあなた!
メンション機能がそのお悩みを解決しますのでぜひご活用ください。

メンションを使うと、共同ワークが円滑に進み、成果が出しやすくなります!
グループトーク内での特定の個人へ指示したメッセージを受け手が気づきやすくなり、指示漏れ、確認漏れが減り、チーム全体のミスやロスの減少につながるからです。

それでは本日は「メンション」について学んでいきましょう!

 

2016年9月7日|
  • wtfl0810_main

【結果報告】2016.08.10 『ビジネスチャット×ライブハウス』 北浦和KYARAでの実証実験!

2016年8月10日(水)、埼玉県さいたま市にある『ライブハウス北浦和KYARA』様(以下、KYARA様)にご協力いただき、キングソフトは6月15日のイベントに続いて、自社サービスであるビジネスチャット・社内SNSサービス「WowTalk」の新たな可能性(活用方法)にチャレンジしました。

ちなみに、今回のチャレンジの主旨は・・・
本来、”法人向けサービス”ということをユーザにインプットしてもらうために『法人版』『ビジネス』という文言をつけていますが、いい意味で先行しているそのイメージを払拭し、もっと幅広い活用ができる!ということの訴求です。

2016年8月19日|