お問い合わせ

購入検討

03-5797-7393
お問い合わせフォーム

ユーザーサポート

操作・設定など、ご利用開始後のサポート窓口
www.wowtalk.jp/support/

03-5797-7399
受付時間(土日祝除く)
10:00~12:00
13:00〜17:00

資料

製品資料ダウンロード

閉じる

導入事例

  • image2

南国テレホン株式会社

本社・店舗間でのスピーディな情報共有から災害時の緊急連絡まで活躍!

【導入の背景・課題】
■課題1:店舗の担当者に向けた周知のスピードに課題
■課題2:接客対応中のスタッフなど電話がつながらないため連絡手段に課題
■課題3:既に導入していた社内SNSの使用感が複雑で浸透しなかった

【サービス選定のポイント】
■ WowTalkを導入している関連会社からオススメされた
■ 導入時に煩わしい設定不要で直ぐに利用開始できる点
■ シンプルなUIで誰でも素早くコミュニケーションできる点

【導入後の効果について】
■ 鹿児島県の記録的豪雨の際の迅速な安否確認と情報共有
■ 社内の情報共有や周知をほぼWowTalkに一元化
■ 独自に運用ガイドラインを作成し利用促進に成功

2019年11月20日|
  • wt-ixrea-1

株式会社ixrea

ITツールを積極的に導入!建築業界に新たな流れを作り出すixreaのビジネスチャット活用法とは?!

【導入の背景・課題】
■課題1:個人向けSNSを活用していたが公私の区別が付きづらく課題に
■課題2:機能と使用感のバランスの取れた法人向けツールに巡り会えなかった
■課題3:業界として紙の図面やFAXなどアナログ文化が根強い

【サービス選定のポイント】
■ 用途が「法人」に特化しているツールである点
■ シンプルなトークとタスク管理など複数の機能を兼ね備えている点
■ 打ち合わせの合間などにデバイス問わず迅速にチェックできる点

【導入後の効果について】
■ 図面の確認や修正などがペーパーレスで迅速にできる
■ 社内に届く郵便物などを全社員にスムーズに周知
■ 勤怠管理など実業務外の細かな連絡に活用

2019年10月30日|
  • image2

社会福祉法人幸尋会

在宅介護の現場で職員のリアルタイムなコミュニケーションを実現!

【導入の背景・課題】
■課題1:職員ごとに異なる連絡手段で情報の伝達の内容、スピードに課題
■課題2:個人向けSNSを検討するものの、機密情報の取り扱いから断念
■課題3:直行直帰の職員は顔を合わせる機会が少なく相談できる環境が作れなかった

【サービス選定のポイント】
■ 30代〜70代まで幅広い年齢層の職員が研修無く利用できる簡単なUI
■ メモや電話、口頭などバラバラだった情報をトークに一元化できる点
■ WowTalkをご利用中の総合商社様からオススメされた

【導入後の効果について】
■ コミュニケーションが素早く正確になり、お客様の満足度が向上
■ 新人からベテラン職員まで、知見や情報格差が無くなりつつある
■ 同じ場所に居なくてもトークで気兼ねなく相談しあえる環境に

2019年10月24日|
  • image4

株式会社エフ・トレード

お客様先へ常駐するエンジニア同士のコミュニケーション活性化!

【導入の背景・課題】
■課題1:出向中のエンジニアとのコミュニケーションに課題
■課題2:電話をしてもつながらないことがあった
■課題3:社内の資料などをまとめる場を作りたかった

【サービス選定のポイント】
■ 社内研修不要で導入できるカジュアルな使用感
■ トークだけではなく、共有など機能が豊富に搭載されている点
■ 自社で想定していた費用に合ったコスト感

【導入後の効果について】
■ 異なる場所で働くエンジニア同士のコミュニケーションが活性化
■ 「既読/未読」や「スタンプ」で状況把握がスピーディに
■ 「共有」に各種届出資料をアップロードし、ポータル的に活用

2019年9月12日|
  • image2

農事組合法人吉浦牧場

牧場にもコミュニケーション革命を!「リアルタイムな情報共有で “牛の命”を救える確率が高まる」

【導入の背景・課題】
■課題1:グループウェア利用時の操作性に課題があった
■課題2:口頭や付箋での情報共有で抜け漏れが発生することがあった
■課題3:外国人スタッフも在籍。言語や専門用語という点で意思疎通に課題があった

【サービス選定のポイント】
■ 操作性が良く、新しいスタッフの導入教育不要で利用できる点
■ 写真や動画で牧場の状況をスピーディかつ明確に共有できる点
■ 個人名も確認できる既読/未読の表示により「送った人が読んだか」を確認できる点

【導入後の効果について】
■ 「言った/言わない」を防ぎ、コミュニケーションの確実性が向上
■ 年間700頭産まれる仔牛の分娩対応が迅速かつ正確にできるように
■ 新機能「翻訳機能」で外国人スタッフとのコミュニケーションが円滑化

2019年8月15日|
  • landex-wt1200px-1

株式会社ランデックス

残業削減と業務効率化に取り組む手段の1つとしてビジネスチャットを活用!

【導入の背景・課題】
■課題1:半分以上の従業員が現場に居るため情報共有に課題
■課題2:入電対応の取次に抜け漏れが発生することがあった
■課題3:即時的な連絡手段としてやむなく個人向けアプリを利用することも

【サービス選定のポイント】
■ 担当営業の推薦により即時導入を決定
■ インストール後にすぐに利用できる操作性
■ タスク管理機能や日報などビジネスに特化した機能が搭載されている点

【導入後の効果について】
■ トーク・共有機能を活用し伝達の抜け漏れを防止
■ 在宅ワークに向けたコミュニケーション手段として活用
■ そのほか、クラウドサービスと併用しペーパーレス化を推進

2019年7月17日|
  • image2

株式会社ココト

本社と業務提携先をつなぐ!社員の情報共有・コミュニケーションに活用

【導入の背景・課題】
■課題1:業務提携先の拠点の距離が離れたことにより連絡手段を見直す必要があった
■課題2:LINE等の個人向けチャットの業務利用は誤送信などのリスクがあった
■課題3:目的とコスト感で納得のいくツールを検討したいという背景があった

【サービス選定のポイント】
■ 端末へのデータ保存の制限ができる管理者機能
■ タブレット端末やスマートフォンでの操作のしやすさ
■ 営業担当者の迅速かつ丁寧な導入サポート

【導入後の効果について】
■ 本社と常駐先の移動コストを削減
■ 社内インターネット回線トラブル時の通話手段として活躍
■ 上司やメンターとのコミュニケーションがカジュアルかつ円滑に

2019年6月27日|
  • image2

サツドラホールディングス株式会社

情報発信。緊急時の連絡手段としても大活躍

【導入の背景・課題】
■課題1:同社独自の働き方改革「サツドラジョブスタイル」推進の手段として必要に
■課題2:フィーチャーホンを使った連絡手段に課題を感じていた
■課題3:実店舗の写真共有の方法に課題を感じていた

【サービス選定のポイント】
■ 普段使っている個人向けのチャットアプリと同じ感覚で利用できる
■ SNS感覚で「いいね」を付けられ、誰もが閲覧できる共有機能
■ 法人専用チャットとして用途を限定でき、他ツールと異なる管理ができる点

【導入後の効果について】
■ 北海道地震時の緊急連絡として活躍
■ 広報や社内報など情報共有が促進した
■ 他ツールとの組み合わせた情報発信を実現

2019年6月26日|
  • tokyo-rf-1

東京レストランツファクトリー株式会社

国内外で働く800名の従業員が「ビジネスチャット」で円滑なコミュニケーションを実現!

【導入の背景・課題】
■課題1:個人向けチャットツールの利用。セキュリティ対策やプライバシー保護に課題を持っていた
■課題2:社内向けビジネスツールを複数利用しておりコスト面で課題があった
■課題3:店舗のスタッフの情報の汲み取りフローに課題を感じていた

【サービス選定のポイント】
■ 営業担当のフォローとコスト面が他社よりも優れていた
■ トークや共有の表示などが個人向けSNSのような使用感でわかりやすかった
■ 管理者機能が充実しておりセキュリティ対策が万全である点

【導入後の効果について】
■ 実業団バスケットボールチームが活用したことで全社的な活用につながった
■ アルバイトや外国籍スタッフの連絡や共有のフローが整った
■ トークや共有機能の積極的な利用促進により社内コミュニケーションが活性化

2019年6月20日|
  • hokutosystem2nd-6

北都システム株式会社

障がい者雇用から安否確認まで様々なコミュニケーション手段としてWowTalkが活躍

【導入の背景・課題】
■課題1:出張/外出中の社員と円滑にコミュニケーションが取れる環境の整備
■課題2:個人向けチャットツールを使わずに内定者とスムーズに連絡を取る環境の整備
■課題3:聴覚障がいスタッフ雇用時のコミュニケーション方法の検討

【サービス選定のポイント】
■ IP制限や端末制限などセキュリティに関する機能が充実していた
■ 個人向けチャットを利用せず内定者フォローが可能になる
■ 出張の多いメンバーでもスピーディにコミュニケーションできる

【導入後の効果について】
■ 拠点間や出張中のスタッフとスピーディなやりとりを実現
■ 聴覚障がいスタッフの標準コミュニケーション方法として成立
■ 2018年9月の北海道胆振東部地震発生時の安否確認に活躍

2019年6月18日|